地図が隠した「暗号」

講談社+α文庫
チズガカクシタアンゴウ
  • 電子あり
地図が隠した「暗号」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

地図がウソをついてまで隠したものとは?
田んぼの中に浮かび上がる「謎の四角形」の正体は?
地図に見え隠れする暗号を解き明かす。

※本書は2002年12月に実業之日本社から刊行された『地図を楽しむ なるほど事典』を改題し、加筆・改筆のうえ再編集したものです。

目次

  • 文庫版まえがき
  • はじめに
  • 第1章 地図は今昔を語る
  •  東京が首都になれたのは大名屋敷のおかげ?
  •  田んぼの中に謎の四角形があった!
  •  鉄道廃線跡を地形図で探してみよう
  •  そして誰もいなくなった──廃村を地図で探す
  •  浮かび上がる古代の土地区画
  •  発見された古代の官道は一直線だった!
  •  古代ローマ帝国が作った「ハイウェイ」の痕跡
  •  昔のたたずまいを残す旧道の見つけ方
  • 第2章 地図記号を解読する
  •  お役所優位?の日本地形図の記号
  •  東京タワーと火の見櫓が同じ記号?
  •  世界の鉄道記号は何を語る?
  •  ドイツの

製品情報

製品名 地図が隠した「暗号」
著者名 著:今尾 恵介
発売日 2014年02月21日
価格 定価 : 本体750円(税別)
ISBN 978-4-06-281546-8
判型 A6変型
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 2002年12月に実業之日本社から刊行された「地図を楽しむ なるほど事典」を改題し、加筆・改筆のうえ再編集したもの。P252~254:『フィールドバイカーズ』第28号(2001年8月)より連載「地図を片手に」第28回、フィールドライフ刊を一部修正。P260~265:『地図ジャーナル』第137号(2002年盛夏号P10~13)、社団法人日本地図調製業協会刊を一部修正。

オンライン書店で見る