小説 盛田昭夫学校(上)

講談社文庫
ショウセツモリタアキオガッコウジョウ
  • 電子あり
小説 盛田昭夫学校(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

テープレコーダーも最初は売れなかった!

世界が認めた名経営者盛田昭夫。町工場だった東京通信工業を皮切りに、テープレコーダー、トランジスタラジオなど常に時代の先頭を走り続け、ソニーを世界ブランドに成長させたその手腕。製品開発、アメリカ進出、商標裁判……笑顔で壁を次々に越えていく盛田の隣には、居並ぶ一騎当千の強者たちがいた。

※『小説 盛田昭夫学校』上・下巻は、2005年5月にプレジデント社より刊行されたものです。

目次

  • プロローグ 合同葬儀(1999・11)
  • 第一章 テープレコーダーから始まった(1949)
  • 第二章 販売という関門(1950)
  • 第三章 トランジスタとの遭遇(1948~55)
  • 第四章 世界に売り出す(1955~61)
  • 第五章 マイクロテレビ(1959~62)
  • 第六章 ソニーチョコレート事件とアメリカ滞在(1958~65)
  • 第七章 苦労魔トロン(1961~66)
  • 第八章 学歴無用論(1961~66)

製品情報

製品名 小説 盛田昭夫学校(上)
著者名 著:江波戸 哲夫
発売日 2009年05月15日
価格 定価 : 本体905円(税別)
ISBN 978-4-06-276355-4
判型 A6
ページ数 512ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2005年5月にプレジデント社より刊行されたもの。

オンライン書店で見る