火の山 山猿記(下)

講談社文庫
ヒノヤマヤマザルキゲ
  • 電子あり
火の山 山猿記(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

死ぬ時に、ああ、私にはもっと別の人生があった筈なのに、と自分の生涯を後悔しなければならない程不幸な事があるだろうか、と今まで私は思い続け、それで死ぬのも怖れ続けていた。でもこうした後悔は随分傲慢な思いなのかもしれない。――始まりがあれば、終りがある。死とはそうしたもの。――<本文より>(講談社文庫)


NHK連続テレビ小説『純情きらり』原案

死ぬ時に、ああ、私にはもっと別の人生があった筈なのに、と自分の生涯を後悔しなければならない程不幸な事があるだろうか、と今まで私は思い続け、それで死ぬのも怖れ続けていた。でもこうした後悔は随分傲慢な思いなのかもしれない。――始まりがあれば、終りがある。死とはそうしたもの。――<本文より>

目次

  • 2-6 水色のバインダーで五冊にまとめられた、ボールペンの手書きによるA4判の「記録」 つづき
  • 16 ええきびさんしょとうがらし!
  • 17 出立──エルゴーデンを抱いて
  • 18 Lacrimosa 涙の日
  • 0-6 …………
  • 2-7 「記録」 つづき
  • 19 火! 火!
  • 20 月の光──黄玉(トパアズ)
  • 0-7 …………
  • 2-8 「記録」 つづき
  • 21 帰郷
  • 22 敗戦二年め──青い瞳
  • 23 あす一日このままに
  • 3-2 B4判のコピー(小さなメモ帳のページを拡大したもの)
  • 2-9 「記録」 つづき
  • 24 Miserere! 神よ、あわれみたまえ
  • 0-8 …………

製品情報

製品名 火の山 山猿記(下)
著者名 著:津島 佑子
発売日 2006年01月13日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-275297-8
判型 A6
ページ数 616ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1998年6月、小社より単行本として刊行された作品を文庫化。

オンライン書店で見る