火の山ー山猿記(上)

講談社文庫
ヒノヤマヤマザルキジョウ
  • 電子あり
火の山ー山猿記(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

火の山――とは富士山のこと。その富士山に寄り添いながら生きた有森家の変遷史。誕生と死、愛と結婚の型。戦中戦後を生きた人たちを描きながら、日本の近代を見つめ直した傑作長編小説。第51回野間文芸賞、第34回谷崎潤一郎賞受賞作。平成18年4月から放送されたNHK連続テレビ小説『純情きらり』の原案。(講談社文庫)


NHK連続テレビ小説『純情きらり』原案!

火の山――とは富士山のこと。その富士山に寄り添いながら生きた有森家の変遷史。誕生と死、愛と結婚の型。戦中戦後を生きた人たちを描きながら、日本の近代を見つめ直した傑作長編小説。
第51回野間文芸賞、第34回谷崎潤一郎賞受賞作。
平成18年4月から放送のNHK連続テレビ小説『純情きらり』の原案。

目次

  • 0-1 …………
  • 0-2 …………
  • 1-1 ワープロ印刷されたB5判の手紙
  • 2-1 水色のバインダーで五冊にまとめられた、ボールペンの手書きによるA4判の「記録」
  • 由紀子のために、牧子のために──有森勇太郎
  • 1 杏子の病室──カモンカカ
  • 2 信玄堤の小太郎
  • 3 有森小太郎小伝
  • 4 勇太郎誕生のころ──オミソとヨソモン
  • 5 勇太郎幼少期──大ボサツ峠
  • 6 勇太郎幼少期の終わり
  • 0-3 …………
  • 2-2 「記録」 つづき
  • 7 Addio, del Passato!
  • 8 黄金時代
  • 1-2 ワープロ印刷されたB4判の添え書き(1)
  • 2-3 「記録」 つづき
  • 9 葬送
  • 10 有(勇)太郎中学時代──三味線とピアノ
  • 3-1 B4判のコピー(手書きの古い日記帳を拡大したもの)
  • 0-4 …………
  • 2-4 「記録」 つづき
  • 11 ロマンス──桜子の場合
  • 12 ロマンス──笛子の場合
  • 1-3 ワープロ印刷されたB4判の添え書き(2)
  • 2-5 「記録」 つづき
  • 13 イクサはいやいや
  • 14 東京へ
  • 15 前夜──石の声
  • 0-5 …………

製品情報

製品名 火の山ー山猿記(上)
著者名 著:津島 佑子
発売日 2006年01月13日
価格 定価 : 本体857円(税別)
ISBN 978-4-06-275296-1
判型 A6
ページ数 656ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1998年6月、小社より単行本として刊行された作品を文庫化。

オンライン書店で見る