日本人の4割が老後準備資金0円 老後難民にならない「逆算の資産準備」

講談社+α新書
ニホンジンノ4ワリガロウゴジュンビシキン0エンロウゴナンミンニナラナイギャクサンノシサンジュンビ
日本人の4割が老後準備資金0円 老後難民にならない「逆算の資産準備」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

勤労者の4割が「老後準備資金0円」という恐るべき実態。人口減少社会の到来で、年金頼みでは生きていけない今、老後の不安をなくすための「逆算の資産準備」という画期的な方法論を提示。働き手が減り、経済は衰退、子や孫も助ける力がない。そんな時代になっても経済的独立を果たして、確かに生き抜くために必読の1冊!


 フィデリティ退職・投資教育研究所所長として、さまざまな年代・性別・社会階層の生活実態、資産状況、投資行動と老後準備資金額、退職後の資金状況の実態に迫る調査を次々手がけてきた著者。その成果を、『退職金は何もしないと消えていく』『なぜ女性は老後資金を準備できないか』『老後難民』といった著作にまとめ発表してきました。大きな反響を呼び、とりわけ「老後難民」は、ホットなキーワードとしてメディアで流布され、地方からは講演・セミナーの依頼が殺到しています。
 2014年、新たに勤労者3万人に及ぶ調査を行った結果、明らかになったのは、働く人の44.8%が、年金以外に老後資金を持たない、という事実でした。人口減少社会の進展により、年金減額が避けられない状況にもかかわらず、日本人の老後を支えるのは先細る年金だけ──。
 95歳まで生きる可能性が高い現代日本において、いかにこの状況に立ち向かうか。著者が辿り着いた結論は、年代別「逆算の資産準備」という方法です。
 団塊の世代が75歳に達する頃には、働き手も減り、経済は衰退し、子や孫も助けられません。そんな時代にも経済的独立を果たして、確かに生き抜くために今、自分自身にできる「対策」「ソリューション」を具体的に示します。

目次

  • 序 章 このままでいいのか?
  • 第1章 「老後難民」時代を乗り切る
  • 第2章 20~30代DC不足、40代トリレンマ、50代シングルズ
  • 第3章 老後難民なんかこわくない──3つのステージで考える逆算の資産準備
  • 第4章 少額投資非課税制度、NISAの年代別活用法
  • 第5章 退職金、どう運用したらいいのか

製品情報

製品名 日本人の4割が老後準備資金0円 老後難民にならない「逆算の資産準備」
著者名 著:野尻 哲史
発売日 2014年09月23日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-272868-3
判型 新書
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:野尻 哲史(ノジリ サトシ)

一橋大学卒業。内外の証券会社調査部を経て、現在、フィデリティ投信株式会社にてフィデリティ退職・投資教育研究所所長を務める。10年以上にわたって個人投資家の資産運用に対するアドバイスを続けており、最近はアンケート調査から個人投資家の投資動向を分析した意見を多く発表している。公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員、証券経済学会・生活経済学会・日本FP学会・行動経済学会会員。
著書には『株式市場の「死」と「再生」』(経済法令研究会)、『投資力』(日経BP社)、『退職金は何もしないと消えていく』『なぜ女性は老後資金を準備できないか』『老後難民』(以上、講談社+α新書)などがある。

関連シリーズ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス