「核の今」がわかる本

講談社+α新書
カクノイマガワカルホン
「核の今」がわかる本
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

あまりに無防備な「原子力」、放置される世界のヒバクシャ
「核なき世界の平和と安全」に立ちはだかる「障壁」を20ヵ国取材のルポ&写真で綴る!

核をめぐる多くの問いからテーマを抽出し、核時代の知られざる真相の発掘に力点を置いた取材班の活動現場は、共同通信社が世界に派遣する特派員の多大な協力を得ながら、全世界二〇ヵ国に広がった。(略)本著は、こうした核をめぐる調査報道の軌跡をまとめた集大成である。(略)
東京電力福島第一原発の事故は被爆国日本のみならず全世界に対し、現代社会が避けて通れない重大な問いをあらためて突きつけた。
人類は核のパワーと共存していけるのか。
本著が「核の今」に関する知見を深め、この重大な問いに対する「解」を導き出す一助となることを心より願う。

●「第二次核時代」に揺れる地球
●スリーマイルとチェルノブイリ
●フランスで「核の棄民」独占告白
●米印ウラン村で相次ぐ「がん」
●核テロ対策「世界の死角」
●パキスタンに蠢く「核の闇商人」
●被爆国と核の「闇市場」
●イラン、北朝鮮の脅威
●「原子力ルネサンス」虚像と真実
●オバマと「核なき世界」

製品情報

製品名 「核の今」がわかる本
著者名 著:太田 昌克 著:共同通信核取材班
発売日 2011年07月22日
価格 定価 : 本体838円(税別)
ISBN 978-4-06-272722-8
判型 新書
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社+α新書