深い河

講談社文庫
ディープリバー
  • 電子あり
深い河
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

愛を求めて、人生の意味を求めてインドへと向かう人々。自らの生きてきた時間をふり仰ぎ、母なる河ガンジスのほとりにたたずむとき、大いなる水の流れは人間たちを次の世に運ぶように包みこむ。人と人のふれ合いの声を力強い沈黙で受けとめ河は流れる。純文書下ろし長篇待望の文庫化、毎日芸術賞受賞作。

目次

  • 一章 磯辺の場合
  • 二章 説明会
  • 三章 美津子の場合
  • 四章 沼田の場合
  • 五章 木口の場合
  • 六章 河のほとりの町
  • 七章 女神
  • 八章 失いしものを求めて
  • 九章 河
  • 十章 大津の場合
  • 十一章 まことに彼は我々の病を負い
  • 十二章 転生
  • 十三章 彼は醜く威厳もなく
  • 年譜 広石廉二編

製品情報

製品名 深い河
著者名 著:遠藤 周作
発売日 1996年06月13日
価格 定価 : 本体610円(税別)
ISBN 978-4-06-263257-7
判型 A6
ページ数 374ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’93年6月小社より刊行

オンライン書店で見る