35歳からの妊娠・出産 これから産みたい、あなたのために

健康ライブラリー
サンジュウゴサイカラノニンシンシュッサンコレカラウミタイアナタノタメニ
  • 電子あり
35歳からの妊娠・出産 これから産みたい、あなたのために
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 晩婚化が進み30代後半での初産は珍しくない昨今だが、高齢妊娠・出産には困難が伴う。卵子の老化が影響し、妊娠しにくく流産しやすい。不妊治療は妊娠・出産時のトラブルを増加させる。婦人科系の疾患などが合併する例も増えている。妊娠前は健康な母体でも「40歳以上」というだけでハイリスク妊娠に分類されるのが現実だ。
 本書では、母子ともに安全な出産を実現するために、不妊治療、妊娠時・出産時に起こりうる問題と対処法、産後の過ごし方など、高齢妊娠・出産ならではの注意点をイラストをまじえながら、わかりやすく提示。最新情報を網羅した決定版。

〔本書の主なポイント〕
●子づくりには「適齢期」がある。挑戦は早めに
●「四〇歳代」なら、それだけでハイリスク
●卵子の老化とは?
●タイムリミットは個人差大。産める体づくりを
●「二人目不妊」に悩む人はどうしたらいいか?
●不妊治療と出生前診断
●リスクが低ければ病院・産院選びの選択の幅が広がる
●妊娠中にみられる「マイナートラブル」のいろいろ
●高齢妊娠は「安定期」に入っても油断できない
●高齢出産だからこそ分娩方法は「安全第一」で選ぶ

目次

  • 1 迫る! タイムリミット
  • 子づくりだけは「適齢期」がある/年齢と不妊傾向/染色体異常/婦人科系の病気への対応 など
  • 2 「妊娠しました!」といえるまで
  • 妊娠のしくみ/不妊治療/出生前診断 など
  • 3 高齢妊婦の妊娠生活
  • ハイリスク妊娠か?/妊娠トラブルへの対応 など
  • 4 安全な出産のために
  • お産の進み方/自然分娩,麻酔分娩,帝王切開 など
  • 5 これから始まる育児生活
  • 母乳育児/産後のトラブルへの対応/障害がある赤ちゃん など

製品情報

製品名 35歳からの妊娠・出産 これから産みたい、あなたのために
著者名 監:中山 摂子
発売日 2012年09月26日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-259767-8
判型 B20取
ページ数 100ページ
シリーズ 健康ライブラリーイラスト版

著者紹介

監:中山 摂子(ナカヤマ セツコ)

昭和61年東京女子医科大学卒業、同大学産婦人科教室入局。平成6年より2年間米国衛生研究所(NIH)へ留学、平成9年より愛育病院勤務。日本初の周産期センター(東京女子医大)の第1期生として入局以来、周産期医療を中心に活動。高年妊娠、ハイリスク妊娠を専門とする一方、院内助産など今後の産科医療のあり方についても積極的に提言。自身44歳での出産経験がある。一般書としては『35歳からの出産を選ぶあなたに』(亜紀書房)の監修など。

オンライン書店で見る