マイケル・ポランニー 「暗黙知」と自由の哲学

講談社選書メチエ
マイケルポランニーアンモクチトジユウノテツガク
  • 電子あり
マイケル・ポランニー 「暗黙知」と自由の哲学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

20世紀の「万能人」のユニークな思想
科学の根源を問い、暗黙知理論を提唱した異色の科学哲学者。科学のみならず経済学・哲学の分野でもユニークな思考を展開した天才の思想の全貌を初めて紹介する。

目次

  • 序章 現代世界とマイケル・ポランニー
  • 第1章 自由の哲学
  • 第2章 経済学
  • 第3章 知識論
  • 第4章 「宗教の受容」への道――科学、芸術、そして宗教
  • 終章 暗黙のリベラリズムの可能性

製品情報

製品名 マイケル・ポランニー 「暗黙知」と自由の哲学
著者名 著:佐藤 光
発売日 2010年01月09日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-258457-9
通巻番号 457
判型 四六
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

著:佐藤 光(サトウ ヒカル)

1949年生まれ。東京大学経済学部卒業。同大学院経済研究科博士課程中退。現在、大阪市立大学名誉教授、神戸山手大学現代社会学部特任教授。経済学博士。専門は、社会経済学、宗教経済学。主な著書に『カール・ポランニーの社会哲学』『二十一世紀に保守的であるということ』(ミネルヴァ書房)、『市場社会のブラックホール』(東洋経済新報社)、『柳田国男の政治経済学』(世界思想社)などがある。

オンライン書店で見る