地図から消される街 3.11後の「言ってはいけない真実」

講談社現代新書
チズカラケサレルマチサンイチイチゴノイッテハイケナイシンジツ
地図から消される街 3.11後の「言ってはいけない真実」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

3.11から丸7年。すっかり報道が少なくなる中、避難指示解除が進んだ福島第一原子力発電所近隣地域で進む恐るべき事態とは?
 現実を無視した「帰還」事業、弱き者への支援の打ち切り……メディアを通して見せかけの「復興」が叫ばれ、実際には、自治体の「町残し」ばかりが進み、人が消えていく実情。
 震災直後から足を運び、取材を続ける唯一の大手紙記者にして、新聞協会賞三度受賞の若手女性ジャーナリストが迫る、大メディアが報じない「不都合な真実」!

目次

  • はじめに
  • 第1章 「すまん」──原発事故のため見捨てた命
  • 第2章 声を上げられない東電現地採用者
  • 第3章 なぜ捨てるのか、除染の欺瞞
  • 第4章 帰還政策は国防のため
  • 第5章 官僚たちの告白
  • 第6章 「避難者いじめ」の真相
  • 第7章 捨てられた避難者たち
  • エピローグ──忘れないこと、見続けること

製品情報

製品名 地図から消される街 3.11後の「言ってはいけない真実」
著者名 著:青木 美希
発売日 2018年03月15日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-220996-0
通巻番号 2472
判型 新書
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:青木 美希(アオキ ミキ)

青木美希(あおき・みき)
新聞記者。1997年、北海タイムス入社。北海タイムス休刊にともない、1998年9月に北海道新聞入社。旭川と札幌で勤務。札幌で警察担当のときに北海道警裏金問題(2003年11月から約1年のキャンペーン報道)を手がける。2010年9月、朝日新聞に入社し、東京本社社会部に所属。東日本大震災では翌日から現場で取材した。2011年9月に社会部から特別報道部へ。原発事故検証企画「プロメテウスの罠」などに参加。2013年、特別報道部の「手抜き除染」報道を手がける。取材班は新聞協会賞を受賞した。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス