失われた甲子園 記憶をなくしたエースと1989年の球児たち

ウシナワレタコウシエンキオクヲナクシタエースト1989ネンノキュウジタチ
  • 電子あり
失われた甲子園 記憶をなくしたエースと1989年の球児たち
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

センバツ史上もっとも悲劇的な逆転試合、涙のエース・宮田正直のその後にはさらなるドラマがあった。勝ち取ったプロ入りと挫折、打撃投手としてのリスタート、そしてアクシデント。頭に打球をうけ、あの甲子園決勝の敗北までをも忘却するほどの記憶障害……。宮田の人生を軸に、あの春に交錯した野球人たち――元木、種田、そして上宮と東邦双方の監督らの、まぶしき野球人生の光芒を描く。

目次

  • 序章 ボールが逃げていく
  • 第1章 エースを襲った二度目の災難
  • 第2章 ボーイズリーグのでっかいやつら
  • 第3章 青春の二遊間
  • 第4章 よしと言うまで走ってろ
  • 第5章 反発し合う三遊間
  • 第6章 折れた歯を拾うな
  • 第7章 鬼の妻の背中
  • 第8章 山田490球、宮田454球
  • 第9章 跳ねた白球、光ったホームベース
  • 第10章 最後の甲子園
  • 第11章 ぼくを取ってください
  • 終章 たった一度きりの対決、ダイエー・宮田対巨人・元木

製品情報

製品名 失われた甲子園 記憶をなくしたエースと1989年の球児たち
著者名 著:赤坂 英一
発売日 2016年04月05日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-220041-7
判型 四六
ページ数 354ページ

著者紹介

著:赤坂 英一(アカサカ エイイチ)

1963年、広島県生まれ。86年に法政大学文学部卒業後、日刊現代に入社。88年より、スポーツ編集部でプロ野球取材を担当。同社勤務のかたわら週刊誌、月刊誌で、スポーツを中心に人物ノンフィクションを多数執筆してきた。2006年に独立。主な著書に、『プロ野球「第二の人生」』(講談社)など。

オンライン書店で見る