安倍政権の裏の顔 「攻防 集団的自衛権」ドキュメント

アベセイケンノウラノカオコウボウシュウダンテキジエイケンドキュメント
  • 電子あり
安倍政権の裏の顔 「攻防 集団的自衛権」ドキュメント
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

首相周辺による言論弾圧騒動、味方のはずの憲法学者たちからもその「なし崩し」にNOを突きつけられ、国民からもついに総スカンを食らった安倍政権の「安保法制」ゴリ押し。「売られてもいないケンカを進んで買いにいく」滅茶苦茶な法案を、安倍政権は自身の中でどのように正当化していったのか? 「集団的自衛権」を閣議決定するまでの官邸裏側の駆け引き、論理破綻を実証した朝日新聞の連載を大幅に加筆・修正・再構成!


首相周辺による言論弾圧騒動、味方のはずの憲法学者たちからもその「なし崩し」にNOを突きつけられ、国民からもついに総スカンを食らった安倍政権の「安保法制」ゴリ押し。「売られてもいないケンカを進んで買いにいく」滅茶苦茶な法案を、安倍政権は自身の中でどのように正当化していったのか?「集団的自衛権」を閣議決定するまでの官邸裏側の駆け引き、論理破綻を実証した朝日新聞の連載を大幅に加筆・修正・再構成! 安倍政権の傲慢、ずさんさが目に見えてわかる本!!

目次

  • 序 章 ぶれないモヤシ
  • 第一章 安倍の歪んだ執念 禁じ手「小松一郎」の登用
  • 第二章 ブレーキ役か迎合か 翻弄される「平和の党」
  • 第三章 正当化への切り札 「高村カード」と「砂川判決」
  • 第四章 泥沼に踏み出した「5・15会見」
  • 第五章 逆境を切り拓く「5人組」と「新3要件」
  • 第六章 暗躍する外務省「条約局マフィア」
  • 終 章 日本はどこへ向かうのか それぞれの夏

製品情報

製品名 安倍政権の裏の顔 「攻防 集団的自衛権」ドキュメント
著者名 著:朝日新聞政治部取材班
発売日 2015年09月16日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-219768-7
判型 四六
ページ数 242ページ
初出 本書は、朝日新聞で連載された「検証 集団的自衛権」シリーズに、紙面には掲載されなかったエピソードなどを加筆し再構成しました。

著者紹介

著:朝日新聞政治部取材班(アサヒシンブンセイジブシュザイハン)

朝日新聞紙上において2014年10月から2015年3月まで「検証 集団的自衛権」を連載。国民の明確な不支持にもかかわらず「安保法制」を強行しようとする安倍政権が、どのようにして強引かつ狡猾に論理構築をしていったのか、関係者たちの証言を基に追い続けて明らかにした唯一のルポ。2014年7月の「集団的自衛権」の閣議決定を戦後の安全保障政策の大転換と受け止めた朝日新聞政治部が取材班を結成。「内閣法制局編」と「閣議決定攻防編」の二部構成で、安倍政権が国民の知らない裏舞台で何をしたのかを執念で取材した。

オンライン書店で見る