巨泉の遺言撤回 「今回の人生では○○しない」

キョセンノユイゴンテッカイコンカイノジンセイデハマルマルシナイ
  • 電子あり
巨泉の遺言撤回 「今回の人生では○○しない」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

2度目のがんで死にかけたら、もっと「やりたいこと」がはっきりした。

伝説の高視聴率男がその座を自ら捨てて、50代半ばでセミリタイア。それは「人生の優先順位」があったから。
以来25年。海外4ヵ国を住まいとする著者・大橋巨泉氏こそ、自分らしく生きる達人! 
だから、80歳の今も人生を愉しめるし若々しい。

そんな著者も病気にはかかります。好調だった70代の最後の最後に、2度目のがんが襲ってきました。今回のがんは、治療の副作用が半端なものでなく、「死ぬかもしれない」と思うほど苛酷でした。
本書の前半には、がん治療も「生活の質」を第1に考えた著者が直面した、厳しくも感動の闘病記録が記され、後半では、著者の今後の生き方を通して巨泉哲学が語られます。
たとえば、今、「5年毎の人生」という新しい日程を考えています。
そして「今回の人生では○○しない」にあてはめて、著者自身の、やらなくていいこと、やりたいこと、やらねばならないことを紹介。
本書は、人生を豊かに生きるためのヒントがちりばめられた1冊です

目次

  • 第1章 2度目のがん発見
  •  「生活の質」だけは守りたい
  •  転移から見つかった喉のがん
  •  手術より放射線治療の副作用を覚悟
  •  治療前に温泉で英気を養う
  • 第2章 「見えざる敵」治療の副作用が襲ってきた
  •  照射35回でがんを消す
  •  治療3回目から始まった異変
  •  次はどんな「お化け」が出てくるのか
  •  強烈な口内炎と味覚、唾液へのダメージが
  •  痛み止めのモルヒネで新たな難題
  •  「今日がいちばん辛い」と訴える日々
  •  99%躁状態と診断されたことのある巨泉が
  • 第3章 「私を人殺しにしないで」
  •  照射終了するも副作用は終わらない
  •  出口を求めてニュージーランドへ
  •  「お前は本当の老人になりたいか?」
  •  味はわからなくても何でも食べよう
  •  「普通の生活」が精神的にプラスに
  • 第4章 80歳、闘病したらもっと生きたくなった
  •  「がんは完全に死んでます」
  •  がんだ、がんだと騒ぐ前にすること
  •  ストレッチしないと酒がまずいと思いこむ
  •  14歳年下の妻との再婚で「健康」に目覚めた
  •  たけしの誤解を解かないと死ねない
  •  傘寿の会でもらった生きる力
  • 第5章 2度がんになってわかったこと
  •  自慢の筋肉は跡形もなく
  •  がんにかかったら、このふたつは忘れるな
  •   杉原輝雄と米長邦雄が決めた優先順位
  •  「譲れない線」だけは持っていたい
  • 第6章 これからの人生は5年毎に生きる
  •  それでもボクの「優先順位」は変わらない
  •  80歳になったら「5年毎の人生」でいく
  •  「やらないこと」と「やること」

製品情報

製品名 巨泉の遺言撤回 「今回の人生では○○しない」
著者名 著:大橋 巨泉
発売日 2014年10月07日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-219125-8
判型 四六変型
ページ数 212ページ

著者紹介

著:大橋 巨泉(オオハシ キョセン)

大橋巨泉(おおはし・きょせん)
1934年、東京生まれ。タレント。早稲田大学政治経済学部新聞学科中退。ジャズ評論家、放送作家になる。その後、司会者として「11PM」「クイズダービー」「世界まるごとHOWマッチ」など高視聴率番組を数多く手がける。1990年、56歳で「セミリタイア」宣言。海外でお土産店OKギフトショップを営む傍ら、一年をニュージーランドやオーストラリア、カナダ、日本と、太陽を求めて移動する生活を始める。
著書には、ベストセラーになった『巨泉 人生の選択』(講談社文庫)ほか、『頑固のすすめ』(王貞治氏・共著、角川書店)、『それでも僕は前を向く』(集英社新書)、『366日 命の言葉』(ベスト新書)、「大橋巨泉の美術鑑賞ノート」シリーズ(ダイヤモンド社)などがある。

オンライン書店で見る