世の中への扉 奇跡はつばさに乗って

ヨノナカヘノトビラキセキハツバサニノッテ
  • 電子あり
世の中への扉 奇跡はつばさに乗って
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

2001年9月11日。NYツインタワーの悲劇跡に、いくつもの千羽鶴が掲げられました。折り鶴を知らないアメリカの人々は平和の象徴である千羽鶴の由来を知って、メモリアルホールに折り鶴を飾り、さらには1万羽の鶴をかざる計画を立てます。
一方、「サダコ」の名で世界中に知られた広島の佐々木禎子さんの遺族は、禎子さんが病床で折った鶴たちを、平和の礎として世界中に贈りたいと考えていました。
ツインタワー跡地での1万羽鶴展と、サダコ鶴とが結びつき、やがて、9.11で身内を亡くした日米双方の遺族たち、原爆投下を決定したトゥルーマン大統領の孫と被爆者たち、NYの高校で学ぶ子どもたちなど、日米さまざまな人々や、それぞれの複雑な想いが互いにつながりあう連鎖が始まります……。
禎子さんの遺族の通訳を担当したNY在住の著者が、「サダコ鶴」の行方とその力を傍らで見つめ綴ったドキュメント。

目次

  • はじめに
  • 第一章 テロ跡地に舞い降りた千羽鶴
  • 第二章 奇跡を引き起こした少女
  • 第三章 思いやりを受け取ったニューヨークの子どもたち
  • 第四章 ヒロシマと9・11をつないだ贈り物
  • 第五章 手わたされたリスト
  • 第六章 敵と友
  • 第七章 あなたはここまで赦せますか
  • 第八章 被爆者とパレスチナ人少年
  • 第九章 叔母さんのいのりを世界に届けます
  • 第十章 鶴と被爆ピアノ
  • 第十一章 トルーマン元大統領の孫の決断
  • 第十二章 ヒロシマとパールハーバーをつないだ贈り物
  • おわりに──それは次へのはじまり

製品情報

製品名 世の中への扉 奇跡はつばさに乗って
著者名 著:源 和子
発売日 2013年07月05日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-218405-2
判型 四六
ページ数 160ページ
シリーズ 世の中への扉

著者紹介

著:源 和子(ミナモト カズコ)

1963年奈良県生まれ。90年渡米。94年ニューヨーク市立大学バルーク校卒業。ニューヨーク市内の日系テレビ局勤務、現地私立校の日本語教師を経て、99年よりニューヨークの民間非営利団体ジャパン・ソサエティーに勤務。現在、教育プログラム副部長。2007年より9.11追悼施設日本語ボランティアガイド、同年より「サダコの折り鶴」を各地に広める平和促進活動の現地コーディネーター、通訳。ニューヨーク在住。

オンライン書店で見る