「となりに生きる動物たち」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
となりに生きる動物たち

若者の街、東京・下北沢のレストランに、毎晩水を飲みに来るタヌキ。 お彼岸の時期に、お供えものを頂戴しにやってくる京都のニホンザル。 ナイターの試合中に突如甲子園球場に現れ、グラウンドを駆けまわるチョウセンイタチ。 野生動物たちはどこか遠い場所で暮らしていて、人間とは住んでいる世界がちがうと思っていました。でも、気づいていないだけで、わたしたちのすぐ近くで、動物たちも一所懸命生きていたのです。わたしたちが暮らす社会だけが世界のすべてではないというあたりまえの事実に、あらためて気づきました。地球上のあらゆる生きものは、どこかでつながっている――そんな思いを伝える、楽しくてためになる動物写真集です。 ■楽しい写真がぜんぶで60点 タヌキ、サル、カラス、シカ、セミ、イタチ、サギ、ヌートリア、アナグマ、アライグマ、アマガエル、イノシシ、ツバメ、フクロウ、ウサギ、カピバラ、イシガメ、ミシシッピアカミミガメ、ニジギンポ、ヒトデ、馬、ネコ、ヤンバルクイナ、ウミガメ、ヒツジ、コアラ、イヌ……27種の動物たち ■ためになるエッセイがぜんぶで8本 きっと君のまわりにも 「フィールドサイン」を探せ! 用心深い動物たち 「生命の神秘」と「愛の営み」 生きる知恵 外来種の悲哀 ネコとイヌとコアラの物語 つながる