家計を蝕む「金融詐術」の恐怖 大ウソカネもうけにダマされるな!

カケイヲムシバムキンユウサジュツノキョウフオオウソカネモウケニダマサレルナ
  • 電子あり
家計を蝕む「金融詐術」の恐怖 大ウソカネもうけにダマされるな!
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

欧米の金融危機、円高ショックが日本経済に本当の打撃を加えるのは、まさにこれから。「三井住友銀行」や「東京三菱UFJ銀行」などのメガバンク、「野村證券」などの大手証券会社が加担し、大阪市や神戸市などの中核自治体や東大、京大、早慶など超有名大学までが骨の髄まで汚染され、国民の年金基金や貯蓄までが飛び去る金融派生商品の正体を、『スタバではグランデを買え』などを著したベストセラーエコノミストが簡明に斬る


欧米の金融危機、円高ショックが日本経済に本当の打撃を加えるのは、まさにこれから。「三井住友銀行」や「東京三菱UFJ銀行」などの日本のメガバンク、「野村證券」などの大手証券会社が加担し、大阪市や神戸市などの中核自治体や東大、京大、早慶など超有名大学までが骨の髄まで汚染され、国民の年金基金や貯蓄までが飛び去る金融派生商品「デリバティブ」「仕組債」のデタラメな正体を、『スタバではグランデを買え』などを著したベストセラーエコノミストが簡明に斬る。

目次

  • はじめに あなたの近所に銀行の支店が新しくできた理由
  • プロローグ 高齢者を中心とした「庶民の貯蓄」を狙う金融商品の正体
  • 1.どちらが最凶の資産運用商品か?/2.企業向けデリバティブビジネスの行き詰まり
  • 第1章 日本を襲う恐怖の金融詐術
  • 1.地方自治体を蝕むデリバティブ汚染[運用編]/2.大学や財団、そして金融機関さえ陥る金融詐術の罠
  • 第2章 安全にみえる金融商品の危険性
  • 1.元本信仰のまちがい――物価安定に慣れすぎた日本人/2.円相場の基本的な考え方
  • 第3章 未来を地獄に導く金融詐術
  • 1.「満期についての選択権」の隠された破壊力/2.地方自治体を蝕むデリバティブ汚染[借金編]
  • 第4章 元本は保証どころか消滅する
  • 1.明らかな欠陥金融商品を売るメガバンク/2.金融詐術の横行を放置する日本
  • おわりに デタラメな「金融詐術」は、決して消えない

製品情報

製品名 家計を蝕む「金融詐術」の恐怖 大ウソカネもうけにダマされるな!
著者名 著:吉本 佳生
発売日 2012年03月10日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-217536-4
判型 四六
ページ数 274ページ
初出 2009年7月に小社より刊行された「デリバティブ汚染―金融詐術の暴走」に大幅に加筆、修正のうえ、再編集した増補改訂版。

オンライン書店で見る