本覚坊遺文

講談社文庫
ホンカクボウイブン
著:井上 靖 解説:高橋 英夫
本覚坊遺文
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

千利休の忠実な弟子、三井寺の本覚坊の手記の形で語られる、利休の死の意味。最高権力者秀吉との確執の中で、乱世における佗茶のあり方を問い、賜死を無言で受け入れた自刃によってそれを完成した利休の精神を、ゆかりの、古田織部、山上宗二等の茶人の死と共に描き切った、日本文学大賞受賞の長編小説。

製品情報

製品名 本覚坊遺文
著者名 著:井上 靖 解説:高橋 英夫
発売日 1984年11月08日
価格 定価 : 本体419円(税別)
ISBN 978-4-06-183383-8
判型 A6
ページ数 231ページ
シリーズ 講談社文庫

関連シリーズ