日本共産党の研究(二)

講談社文庫
ニホンキョウサントウノケンキュウ2
  • 電子あり
日本共産党の研究(二)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

強大な国家権力をまえにして、党幹部たちはどう行動し、党はなぜ崩壊していったのか。特高やスパイとの闘い、銀行ギャング事件、なだれを打って続々出てくる転向者など──厳しい弾圧の戦時下で革命をめざして闘った日本共産党の激動の歴史を追う。人と事件を中心とした画期的な通史。全3冊。

目次

  • 第九章 “非常時共産党”とスパイM
  • 第十章 “非常時共産党”の躍進
  • 第十一章 大森銀行ギャング事件
  • 第十二章 熱海事件と“非常時共産党”の終焉
  • 第十三章 山本正美と野呂栄太郎の時代
  • 第十四章 全協の再建と崩壊
  • 第十五章 転向の奔流の中で

製品情報

製品名 日本共産党の研究(二)
著者名 著:立花 隆
発売日 1983年06月08日
価格 定価 : 本体640円(税別)
ISBN 978-4-06-183042-4
判型 A6
ページ数 381ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る