平家物語(十二)

講談社学術文庫
ヘイケモノガタリ
その他:杉本 圭三郎
平家物語(十二)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

平家が滅びはてて、世も平穏になるかと思われたが、京は激しい大地震の災害をうけた。捕虜となった平大納言時忠らは流刑に処せられ、また数々の武勲にもかかわらず、頼朝の嫌疑をうけた義経のもとへ刺客が向けられ、義経はこれを斬って行方をくらました。平家の残党は誅せられ、六代もついに斬られて平家の子孫は絶えた。建礼門院の大原での余生を語って、ここに『平家物語』全篇の幕はおろされる。

目次

  • 1 大地震
  • 2 紺掻之沙汰
  • 3 平大納言被流
  • 4 土佐房被斬
  • 5 判官都落
  • 6 吉田大納言沙汰
  • 7 六代
  • 8 泊瀬六代
  • 9 六代被斬
  • 灌頂巻
  • 1 女院出家
  • 2 大原入
  • 3 大原御幸
  • 4 六道之沙汰
  • 5 女院死去

製品情報

製品名 平家物語(十二)
著者名 その他:杉本 圭三郎
発売日 1991年07月05日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-158362-7
通巻番号 362
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社学術文庫