満足死 寝たきりゼロの思想

講談社現代新書
マンゾクシネタキリゼロノシソウ
満足死 寝たきりゼロの思想
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

死ぬまで元気でいたい 自宅でぽっくり死にたい
在宅死亡率70%と医療費削減を実現した老医師の執念。尊厳死とまったくちがう満足死を、大宅賞作家が追う。

自分が望む死こそ「満足死」
3人に1人が高齢者の町で、寝たきり老人が激減した。「全村病院構想」「一生涯一カルテ」「お通夜教室」……未来を先取りしたユニークな医療は、全国に広がる。死を自分で創る時代に、こんな医師がいたらなぁ。

目次

  • 第1章 寝たきりゼロの町
  • 第2章 全村病院構想
  • 第3章 満足死宣言
  • 第4章 「満足死」的生き方
  • 第5章 それぞれの満足死
  • 第6章 ケア完備の町づくり
  • 第7章 半歩先の満足死

製品情報

製品名 満足死 寝たきりゼロの思想
著者名 著:奥野 修司
発売日 2007年02月17日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-149880-8
通巻番号 1880
判型 新書
ページ数 232ページ
シリーズ 講談社現代新書

関連シリーズ