一神教の誕生-ユダヤ教からキリスト教へ

講談社現代新書
イッシンキョウノタンジョウユダヤキョウカラキリストキョウヘ
  • 電子あり
一神教の誕生-ユダヤ教からキリスト教へ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

一神教は人間の「罪」の意識から生まれた! 複数の神を信じていたユダヤ人が、一神教に変わった理由、ユダヤ教から派生したキリスト教が世界宗教に広がった理由を探りながら、人間と神との関係を問い直す。(講談社現代新書)


一神教は人間の「罪」の意識から生まれた! 複数の神を信じていたユダヤ人が、一神教に変わった理由、ユダヤ教から派生したキリスト教が世界宗教に広がった理由を探りながら、人間と神との関係を問い直す。

目次

  • ●「分け隔てしてない神」であるキリスト教
  • ●古代ユダヤ教は御利益宗教だった
  • ●神との契約の概念の導入
  • ●「思い出」が人と神を繋ぐ
  • ●全体が「正しい」とされている律法
  • ●律法主義では神は動かせない
  • ●神殿・律法を否定したイエス
  • ●聖書主義と儀式主義の誕生
  • ●律法と聖書の違い
  • ●キリスト教が西洋社会安定に果たした役割
  • (抜粋)

製品情報

製品名 一神教の誕生-ユダヤ教からキリスト教へ
著者名 著:加藤 隆
発売日 2002年05月20日
価格 定価 : 本体940円(税別)
ISBN 978-4-06-149609-5
通巻番号 1609
判型 新書
ページ数 296ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る