新版 更級日記 全訳注

講談社学術文庫
シンパンサラシナニッキゼンヤクチュウ
  • 電子あり
新版 更級日記 全訳注
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

平安中期の日記文学。菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)作。1060年(康平3)ごろ成立。作者13歳、父の任地上総国から帰京する旅の記録にはじまり、51歳で夫の橘俊通と死別するまでの半生を自伝的に回想した記。冒頭には、『源氏物語』とその世界への少女のあこがれを記す。乳母や姉との死別、宮仕え、家庭生活をへて、夫の急逝にあい、仏への帰依を願う境地にいたる、胸中の遍歴が描かれる。

目次

  • まえがき
  • 凡 例
  • 一 東国にて物語ゆかしさまさる
  • 二 門出よりいかだまで
  • 三 昔のあと・くろとの浜
  • 四 まつさと
  • 五 たけしば
  • 六 すみだ河・もろこしが原
  • 七 足柄山
  • 八 横走・富士山・清見が関など
  • 九 富士河
  • 一〇 遠江を行く
  • 一一 三河より尾張へ
  • 一二 美濃より近江へ
  • 一三 入京
  • 一四 めでたき草子を得て
  • 一五 継母去る
  • 一六 乳母・侍従大納言女の死
  • 一七 源氏の五十余巻
  • 一八 京のわが家
  • 一九 一品の宮・土忌
  • 二〇 猫
  • 二一 長恨歌の物語
  • 二二 荻の葉
  • 二三 火の事
  • 二四 姉の死
  • 二五 姉の乳母
  • 二六 司 召
  • 二七 東山
  • 二八 朝倉
  • 二九 あらましごと・父の任官
  • 三〇 父の出立
  • 三一 太秦参籠
  • 三二 軒近き荻・こしのびの森
  • 三三 清水参籠
  • 三四 初瀬の夢告
  • 三五 天照御神
  • 三六 修学院の尼へ
  • 三七 父上京、西山に住む
  • 三八 宮仕へ
  • 三九 前世の夢
  • 四〇 宮の御仏名
  • 四一 宮仕へを退き家庭に入る
  • 四二 その後は
  • 四三 宮仕へ中の交友
  • 四四 春秋のさだめ
  • 四五 石山詣で
  • 四六 初瀬へ(一)
  • 四七 初瀬へ(二)
  • 四八 初瀬へ(三)
  • 四九 初瀬へ(四)
  • 五〇 帰途
  • 五一 鞍馬・石山
  • 五二 また初瀬に
  • 五三 順境にある頃
  • 五四 越前の友
  • 五五 山奥の花・太秦ごもり
  • 五六 二人の友と
  • 五七 筑前の友
  • 五八 高浜・住吉の浦
  • 五九 大津で暴風雨にあふ
  • 六〇 夫の任官
  • 六一 夫の死
  • 六二 阿弥陀仏来迎の夢
  • 六三 をばすて
  • 勘注・奥書
  • 系図
  • 地図
  • 年表
  • 解説

製品情報

製品名 新版 更級日記 全訳注
著者名 訳:関根慶子
発売日 2015年12月10日
価格 定価 : 本体1,180円(税別)
ISBN 978-4-06-292332-3
判型 A6
ページ数 384ページ
電子版製品名 新版 更級日記 全訳注
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書は1977年刊の講談社学術文庫『更級日記』上下巻を一冊にまとめ、新版としたものです。

著者紹介

訳:関根慶子(セキネヨシコ)

1909-1998 東京生まれ。東京文理科大学文学部卒。国文学(平安時代)専攻。お茶の水女子大学名誉教授。文学博士。著書に『散木奇歌集の研究と校本』『中古私家集の研究』など。

オンライン書店で見る