明治医事往来

講談社学術文庫
メイジイジオウライ
  • 電子あり
明治医事往来
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

平均寿命三十年の時代、電灯がつき、陸蒸気が走り、煉瓦の家が立ち並ぶ繁栄の裏には汚濁、貧困、頽廃があった。栄養立国・衛生立国をめざす一方で、「女
工哀史」らを蝕んだ結核や、娼婦を死に走らせた梅毒検査。そして、夏目漱石、岩倉具視、樋口一葉らを襲った病魔の数々――。死と病いを身近に抱えながら生きた有名無名の人々を綴る、明治への鎮魂曲。

製品情報

製品名 明治医事往来
著者名 著:立川昭二
発売日 2013年11月11日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-292205-0
判型 A6
ページ数 448ページ
電子版製品名 明治医事往来
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、1986年に新潮社より刊行。

著者紹介

著:立川昭二(タツカワショウジ)

1927年生まれ。早稲田大学文学部卒業。北里大学名誉教授。専攻は医療史。1980年『死の風景』(朝日新聞社、講談社学術文庫)でサントリー学芸賞受賞。主な著書に『病気の社会史』『生と死の美術館』『愛と魂の美術館』(以上、岩波書店)、『臨死のまなざし』(新潮文庫)、『病いの人間史』(文春文庫)、『江戸人の生と死』(ちくま学芸文庫)などがある。

オンライン書店で見る