森の力 植物生態学者の理論と実践

講談社現代新書
モリノチカラショクブツセイタイガクシャノリロントジッセン
  • 電子あり
森の力 植物生態学者の理論と実践
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「お前はまだ人の話を聞くな。誰かが話したことの又聞きかもしれないぞ。
お前はまだ本を読むな。そこに書いてあることは、誰かが書いたやつの引き写しかもしれないぞ。
話はいつでも聞けるし、本はいつでも読める。
大事なことは、部分的あるいは結論めいた話や本にあるのではない」
「見たまえ、この大地を。見たまえ、この自然を。
ホンモノのいのちのドラマが目の前で展開しているではないか」
「お前はまず現場に出て、自分の体を測定器にすればいいのだ。
現場で、目で見、匂いを嗅ぎ、舐めて、触って、調べろ」

夜行を乗り継ぎ、現場調査に明け暮れた若き日々、
「見えないものを見る力」を学んだドイツ留学時代、
徹底的な調査研究で、日本の森の真実を知った10年間、
そして、自らの理論を基に、いのちを守るふるさとの森づくりへ。

日本一木を植えている科学者の理論と実践を知る決定版。

目次

  • プロローグ 三〇年後の「ふるさとの森」に入ってみよう
  • 第一章 原点の森
  • 第二章 始まりは雑草から
  • 第三章 日本の森の真実
  • 第四章 木を植える  
  • 第五章 “宮脇方式”
  • 第六章 「天敵」と呼ばれた男
  • 第七章 いのちと森
  • 第八章 自然の掟
  • エピローグ タブノキから眺める人間社会

製品情報

製品名 森の力 植物生態学者の理論と実践
著者名 著:宮脇 昭
発売日 2013年04月17日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-288204-0
判型 新書
ページ数 208ページ
電子版製品名 森の力 植物生態学者の理論と実践
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:宮脇 昭(ミヤワキ アキラ)

1928年岡山県生まれ。植物生態学者。広島文理科大学生物学科卒業、ドイツ国立植生図研究所研究員となる。横浜国立大学教授、国際生態学会会長などを経て横浜国立大学名誉教授、財団法人地球環境戦略研究機関国際生態学センター長。1970年代はじめからいまにいたるまで世界各国で植樹を推進する。1991年朝日賞、92年紫綬褒賞、2000年勲二等瑞宝章、06年ブループラネット賞。著書に『植物と人間』(NHKブックス、毎日出版文化賞)、『木を植えよ!』(新潮選書)、『鎮守の森』(新潮文庫)など多数。

オンライン書店で見る