「植物はなぜ5000年も生きるのか」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
植物はなぜ5000年も生きるのか

生物にとって、寿命とはなにか? 200歳の人間はいないのに、200歳の屋久杉はまだまだ子供。どちらも細胞からできているのに、動物と植物のこのちがいは、なぜなのだろうか。なぜ生命には寿命があるのだろうか。生物の「生」の不思議を解き明かす。