「手間をかけずに楽しむ はじめての宿根草」既刊・関連作品一覧

手間をかけずに楽しむ はじめての宿根草

現在栽培される草花は「一年草』「宿根草」「球根」の3つに大別されます。そのうちの宿根草の特徴は、 1日本の気候風土に合っていて、育てやすい。 2丈夫で、一度植えつけると2~3年は植えっぱなしでよい。 3草姿や花に変化があって、個性的で見飽きない。 4半日陰や日陰地で育つものも多い。 5多くのものは株分けで殖やせるので、一年草のようにタネをまいて育てるより手間がかからない。 などが挙げられます。 花の時期が限られているという欠点はありますが、花ばかりでなくリーフプランツとしても役立ちます。そのため庭や花壇のベースとして利用価値が大きく、これらの性質を知って上手に利用すると、専門的な技術がなくても楽に育てることができ、落ち着いた風情のナチュラルガーデンが楽しめます。 本書は、園芸の初心者に対して宿根草とは何かをていねいに解説し、その魅力をわかりやすく指南。さらに春から初夏、夏、秋から冬の花期別に今人気があっておすすめの130種を図鑑で栽培法を含めて紹介します。 巻末には、宿根草の育てるうえで最低限知っておきたい基礎知識とたのしみ方を紹介。グッズや用語解説など充実した、園芸初心者から中級者まで、「宿根草を楽しく知ることができる決定版」を目指します。