氷の上のプリンセス ジゼルがくれた魔法の力

青い鳥文庫
コオリノウエノプリンセスジゼルガクレタマホウノチカラ
  • 電子あり
氷の上のプリンセス ジゼルがくれた魔法の力
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

小さいころからフィギュア・スケートを習ってきた小学6年生の春野かすみ。5年生の冬にお父さんが事故で亡くなってからというもの、得意のジャンプがうまく跳べなくなってしまう。
優勝を求められた地方大会でも大失敗し、経済的な理由もあって、もうスケートを続けられないと思っていた矢先、引っ越し先で出会ったおばあさんに頼まれて、無料開放日のスケート・リンクに行くことに。
リンクの上で、かすみは久しぶりにジャンプの感触を取りもどす。そこで、突然、男子ジュニアの全日本チャンピオンから話しかけられて--。

目次

  • 1 とべない わたし
  • 2 パパのいない町で……
  • 3 桜ヶ丘スケートリンク
  • 4 もう一度、とんでみたい!
  • 5 あこがれのスケートクラブ
  • 6 新しいクラスメート
  • 7 夏野さんのプレゼント
  • 8 美桜ちゃんは女王様
  • 9 サイアクなオープニング
  • 10 ジゼルのくれたペンダント
  • 11 ペンダントの魔法の力
  • 12 しあわせなジゼル
  • 13 いじわるなコッペリア
  • 14 『ガンバ』は魔法の言葉
  • 15 ぎりぎり間に合ったけど……
  • 16 ペンダントの魔法、再び

製品情報

製品名 氷の上のプリンセス ジゼルがくれた魔法の力
著者名 著:風野潮 絵:Nardack
発売日 2014年03月13日
価格 定価 : 本体620円(税別)
ISBN 978-4-06-285413-9
判型 新書
ページ数 224ページ
電子版製品名 氷の上のプリンセス ジゼルがくれた魔法の力
シリーズ 講談社青い鳥文庫

著者紹介

著:風野潮(カゼノウシオ)

著者/風野潮
大阪府生まれ。大学時代は吹奏楽部に所属。第38回講談社児童文学新人賞を受賞した『ビートキッズ』で1998年にデビュー。同作で、第36回野間児童文芸新人賞・第9回椋鳩十児童文学賞受賞。その他の作品に「クリスタル エッジ」シリーズ、「竜巻少女」シリーズ、『レントゲン』(いずれも講談社)などがある。

絵:Nardack(ナルダク)

画家/Nardack
韓国在住のイラストレーター。おもな挿絵に、『失恋探偵ももせ』(電撃文庫)、『睦笠神社と神さまじゃない人たち』(宝島社)などがある

オンライン書店で見る