原敬 外交と政治の理想(下)

講談社選書メチエ
ハラタカシガイコウトセイジノリソウゲ
  • 電子あり
原敬 外交と政治の理想(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

厖大な史料を歴史研究者としての確かな眼で読み込み、伊藤博文や山県有朋、昭和天皇など近代日本をつくってきた人々の評伝を著して高い評価を得てきた著者による、渾身の書き下ろし新作。「平民宰相」として知られる原敬の65年の生涯を描く、本格的評伝。上下全2巻のうちの下巻。
原敬といえば、おもに初の本格的政党内閣を実現し、薩長藩閥政治の克服に努めた東北出身の政治家としてのみ語られることが多いが、著者によれば、原の政治家としての特色は、外交や内政に高い理想を持ち、それが当時の状況に合致していたこと、またそれらを実現するための手法やタイミングを知り尽くしていたこと、にあるという。また、新聞記者・外交官・企業経営者など多彩な顔を持ち、そこで吸収した見識を元に一貫して「公利」という概念を重視し、第一次世界大戦後の世界を見通して新たな日本政治の道筋をつけた、ポスト「元勲世代」のもっとも偉大な政治家だったのである。
下巻では、大隈重信、山県有朋、桂太郎らとの確執を経て、首相として初の政党内閣を成立させながら、東京駅で凶刃に倒れるまでの後半生を描き、この暗殺によって失われた日本政治のその後の可能性と、原が日本の歴史に遺したものについて考察する。

目次

  • 第四部 剛毅編
  • 第一九章 西園寺内閣を誕生させる―日露戦後に内相となる
  • 第二〇章 政党政治家原敬の成長―内閣の実力者となる
  • 第二一章 米欧周遊とその後の円熟―米国への高い評価と日本の指針
  • 第二二章 実業への活動の広がりと充実―古河鉱業の近代化
  • 第二三章 選挙地盤の地盤の確立と郷里への思い―盛岡別邸・『南部史要』
  • 第二四章 桂太郎との連携の崩壊―辛亥革命・明治天皇崩御・大正政変
  • 第二五章 秩序ある政治改革を推進―山本内閣
  • 第五部 老熟編
  • 第二六章 「最後の危機」と政党政治への道―第一次世界大戦と大隈内閣
  • 第二七章 「一山三文」の精神の充実―腰越別荘新築・戊辰殉難者五十年忌
  • 第二八章 政友会の勢力回復と寺内内閣―中国外交とシベリア出兵、米騒動
  • 第二九章 原内閣の誕生と新外交―大戦後の外交と植民地
  • 第三〇章 内政大改革の実施―教育・鉄道・国防・選挙区
  • 第三一章 政党政治の健全な発達をめざして―一九二〇年総選挙と原首相の権力
  • 第三二章 軍と宮中の掌握―イギリス風立憲制
  • 第三三章 暗殺・葬儀―「盛岡市民葬」
  • おわりに―原敬が暗殺されずに長生きしていたら

製品情報

製品名 原敬 外交と政治の理想(下)
著者名 著:伊藤 之雄
発売日 2014年12月10日
価格 定価 : 本体2,300円(税別)
ISBN 978-4-06-258593-4
判型 四六
ページ数 496ページ
電子版製品名 原敬 外交と政治の理想(下)
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

著:伊藤 之雄(イトウ ユキオ)

1952年、福井県生まれ。京都大学文学部史学科卒、現在、京都大学大学院法学研究科教授。主な著書に『元老 西園寺公望』、『山県有朋』、『明治天皇』、『昭和天皇伝』(司馬遼太郎賞受賞)、『原敬と政党政治の確立』などのほか、講談社からは「日本の歴史」第22巻『政党政治と天皇』、『伊藤博文』を刊行。

オンライン書店で見る