昭和解体 国鉄分割・民営化30年目の真実

ノンフィクション・学芸(単行本)
ショウワカイタイコクテツブンカツミンエイカ30ネンメノシンジツ
著:牧久
  • 電子あり
昭和解体 国鉄分割・民営化30年目の真実
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

本書は国鉄が崩壊、消滅に向けて突き進んだ二十年余の歴史に再検証を試みたものである。昭和が平成に変わる直前の二十年余という歳月は、薩長の下級武士たちが決起、さまざまな歴史上の人物を巻き込んで徳川幕藩体制を崩壊に追い込んだあの「明治維新」にも似た昭和の時代の「国鉄維新」であったのかもしれない。少なくとも「分割・民営化」は、百年以上も続いた日本国有鉄道の「解体」であり、それはまた、敗戦そして占領から始まった「戦後」という時間と空間である「昭和」の解体をも意味していた。

目次

  • 序章 日本の鉄道でいちばん長い日
  • 第一章 田中角栄と細井宗一
  • 第二章 磯崎総裁の「マル生運動」と国労の反撃
  • 第三章 政府・自民党VS.国鉄労使
  • 第四章 走り始めた国鉄解体
  • 第五章 運輸族・三塚博の秘密事務局員
  • 第六章 中曽根康弘「風見鶏内閣」誕生
  • 第七章 国体護持派と改革派の暗闘
  • 第八章 改革派、絶体絶命
  • 第九章 最後の主戦場
  • 第十章 「猛き者ついに滅びぬ」
  • 終章 国鉄落城――新時代への出発

製品情報

製品名 昭和解体 国鉄分割・民営化30年目の真実
著者名 著:牧久
発売日 2017年03月15日
価格 定価 : 本体2,500円(税別)
ISBN 978-4-06-220524-5
判型 四六変型
ページ数 520ページ
電子版製品名 昭和解体 国鉄分割・民営化30年目の真実

著者紹介

著:牧久(マキヒサシ)

ジャーナリスト。昭和16年(1941)、大分県生まれ。昭和39年(1964)早稲田大学第一政治経済学部政治学科卒業。同年、日本経済新聞社入社、東京本社編集局社会部に所属。サイゴン・シンガポール特派員、平成元年(1989)、東京・社会部長。その後代表取締役副社長を経て、テレビ大阪会長。著書に『サイゴンの火焔樹――もうひとつのベトナム戦争』、『「安南王国」の夢――ベトナム独立を支援した日本人』、『不屈の春雷――十河信二とその時代(上、下)』(すべてウェッジ)などがある。

オンライン書店で見る