「究極の現役ナローゲージ鉄道」既刊・関連作品一覧

究極の現役ナローゲージ鉄道

本年、五月末日に発刊しました「究極のナローゲージ鉄道・せまい鉄路の記録集」は、日本の標準な線路幅である軌間1067mm未満の狭軌鉄道路線が活躍していた頃の画像の記録を貴重な写真で回顧していきました。掲載されているナローゲージ鉄道の9割以上が現存していないというせまい鉄路の紹介でした。
その続編として“現在でも現役”の貴重なナローゲージ鉄道を取り上げる内容となります。とは言え、絶滅寸前というナローゲージの現況の中で、人を運ぶという鉄道の現業としてのナローゲージは確かに全国的にも貴重な存在となっています。しかしながら、全国には、軽便鉄道・営業鉄道ナローゲージが鉄道3社4路線も残されております。
鉄道マニアがもっとも知りたい完全立ち入り禁止の工場や鉱山の現役ナローゲージ鉄道というのも、10路線以上は存在します。以外に知れわたっていない廃止されたナローゲージの保存鉄道や博物館などは全国各地に存在しています。本書の最大の主旨は、今までに一切の取材拒否をしてきた、まさに人知れず走り続ける特殊鉄道を初めて世に出し、紹介することです。
同時に、今でも現役として走り続け、見ることが出来、触れることも出来、乗れることも出来る(一部除く) 以外に知れわたっていない貴重なナローゲージ鉄道も一同に紹介します。また、すでに廃止され、今では見ることの出来ない過去の貴重なナローゲージ・保存鉄道や博物館なども全国各地に存在しています。知られざる保存施設も紹介していきま