野生の科学

ヤセイノカガク
野生の科学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ガリレオ、デカルト以降、現代の原子核物理に至る近現代の「科学」=客観科学は、「自然」を人間の外部としてコントロールしようとします。レヴィ=ストロースはそれを「家畜化」と名付けました。その科学技術は、昨年この国で大惨事を引き起こしました。「科学」が覇権を握る近現代において、人類学や民俗学だけが、「科学」に細々と抗い、「野生型」の知識の豊かさが無尽蔵にあることを、明らかにしようとしてきました。その精神を引き継ぎ・発展させ、豊かで、具体的で、世界・自然と交感する新しい科学の創造を提示していきます。
本書は、「野生の科学」の精神をもって、多岐に亘るテーマを扱っていきます。
「科学」を乗り越えるインターフェイスの思想。「自然過程」で働く〈不思議な環〉を組み込んだ新しい人間科学。神話的思考による「ねじれ」、贈与的「新経済学」、「穴の幾何学」による「心的トポロジー」。
柳宗理「民藝」運動、深沢七郎「普遍文学」。アール・ブリュット、アール・イマキュレ、現代美術と心の構造の関係、そして曼荼羅が表現する「心そのもの」。
稲荷山(京都・伏見)、甲州(山梨)、熱海をアースダイビング。その上で、「土地」と脳の関係を「野生の地図学」として抽出します。

目次

  • 序文
  • 第一部 野を開く環
  • 第1章 数学と農業
  • 第2章 「不思議な環」を組み込んだ人間科学
  • 第3章 頭上のコン
  • 第4章 経済学とトポロジー
  • 第5章 トポサイコロジー
  • 第二部 知のフォーヴ
  • 第6章 民藝を初期化する
  • 第7章 二つの深澤七郎論
  •       デリケートな分類
  •       奇跡の文学
  • 第8章 闘うアニミズム
  • 第9章 クラと螺旋
  • 第10章 アール・ブリュットの戦争と平和
  • 第11章 変容の岬
  • 第12章 ユングの曼荼羅
  • 第三部 空間の野生化
  • 第13章 稲荷山アースダイバー
  • 第14章 甲州アースダイバー
  • 第15章 熱海のアースダイバー
  • 第16章 塔をめぐる二つのエッセイ
  •       バベルの塔――コミュニケーションの神話
  •       バベルの塔からストゥーパへ
  • 第17章 Y字の秘法
  • 第18章 野生の地図学
  • 付録
  •  自然史過程について
  •  真の豊かさのための「モジュール・ケネー」

製品情報

製品名 野生の科学
著者名 著:中沢 新一
発売日 2012年08月01日
価格 定価 : 本体2,200円(税別)
ISBN 978-4-06-217744-3
判型 四六
ページ数 482ページ

著者紹介

著:中沢 新一(ナカザワ シンイチ)

中沢新一(なかざわ・しんいち)
1950年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。現在、明治大学野生の科学研究所所長。思想家。
著書に『日本の大転換』『アースダイバー』、『カイエ・ソバージュ』(小林秀雄賞)、『チベットのモーツァルト』(サントリー学芸賞)『森のバロック』(読売文学賞)『哲学の東北』(青土社、斎藤緑雨賞)など多数ある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV