鏡の中の物理学

講談社学術文庫
カガミノナカノブツリガク
鏡の中の物理学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ノーベル物理学賞に輝く著者がユーモアをまじえながら平明な文章で説く、科学入門の名篇「鏡のなかの物理学」「素粒子は粒子であるか」「光子の裁判」を収録。“鏡のなかの世界と現実の世界との関係”という日常的な現象をとおして、最も基本的な自然法則や科学することの意義が語られる。また量子的粒子「波乃(なみの)光子」を被告とした裁判劇は、わかりやすく量子力学の本質を解き明したノン・フィクションの傑作として、読者に深い感銘を与える。

目次

  •  鏡のなかの物理学
  •  素粒子は粒子であるか
  •  光子の裁判
  •     ――ある日の夢――
  •  解説

製品情報

製品名 鏡の中の物理学
著者名 著:朝永振一郎
発売日 1976年06月04日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-158031-2
判型 A6
ページ数 129ページ
シリーズ 講談社学術文庫

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV