「教養としてのデータサイエンス」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
教養としてのデータサイエンス

◆「数理・データサイエンス・AI(リテラシーレベル)モデルカリキュラム」に完全準拠した公式テキスト!!◆

【安宅和人氏(慶應義塾大学教授・ヤフーCSO)推薦!!】
「どこからデータサイエンスを?」と悩む人は、まずこの一冊を手に取るべし。

・大学生はもちろんビジネスパーソンも、いますぐ知っておくべき教養がここにある。
・「数理・データサイエンス・AI(リテラシーレベル)モデルカリキュラム」のうち「導入」「基礎」「心得」に完全準拠。
・文理を問わず、すべての大学生に、数理・データサイエンス・AIを習得させることを目的として編纂された。
・カラーで見やすく、練習問題も充実。

【主な内容】
第1章 [導入] 社会におけるデータ・AI利活用

1.1 社会で起きている変化 (樋口知之)
1.2 社会で活用されているデータ (樋口知之)
1.3 データ・AIの活用領域 (孝忠大輔)
1.4 データ・AI利活用のための技術 (内田誠一)
1.5 データ・AI利活用の現場 (丸山 宏)
1.6 データ・AI利活用の最新動向 (内田誠一)

第2章 [基礎] データリテラシー

2.1 データを読む (川崎能典)
2.2 データを説明する (椎名 洋)
2.3 データを扱う (川崎能典)

第3章 [心得] データ・AI利活用における留意事項

3.1 データ・AIを扱う上での留意事項 (中川裕志)
3.2 データを守る上での留意事項 (佐久間淳)