星を編む

文芸(単行本)
ホシヲアム
  • 電子あり
星を編む
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

製品情報

製品名 星を編む
著者名 著:凪良 ゆう
発売日 2023年11月08日
価格 定価:1,760円(本体1,600円)
ISBN 978-4-06-532786-9
判型 四六
ページ数 288ページ
初出 「春に翔ぶ」…「小説現代」2022年10月号、「星を編む」…「小説現代」2023年3月号、「波を渡る」…「小説現代」2023年11月号。単行本化に当たり、全編を加筆改稿しています。

著者紹介

著:凪良 ゆう(ナギラ ユウ)

【凪良ゆう(なぎら・ゆう)】
京都市在住。2007年に初著書が刊行され本格的にデビュー。BLジャンルでの代表作に連続TVドラマ化や映画化された「美しい彼」シリーズなど多数。17年に『神さまのビオトープ』(講談社タイガ)を刊行し高い支持を得る。19年に『流浪の月』と『わたしの美しい庭』を刊行。20年『流浪の月』で本屋大賞を受賞。同作は22年5月に実写映画が公開された。20年刊行の『滅びの前のシャングリラ』で2年連続本屋大賞ノミネート。22年に刊行した『汝、星のごとく』は、第168回直木賞候補、第44回吉川英治文学新人賞候補、2022王様のブランチBOOK大賞、キノベス!2023第1位、第10回高校生直木賞、そして23年、2度目となる本屋大賞受賞作となった。本書『星を編む』はその続編となる。

お知らせ・ニュース

お知らせ
『星を編む』が2024年本屋大賞にノミネートされました!(2024.2.1)
特集・レビュー
『汝、星のごとく』で語りきれなかった 3編の「愛の物語」
お知らせ
【YouTube】凪良ゆう『汝、星のごとく』プロジェクションマッピング花火【#本屋で花火を見上げよう】
「書店に訪れる人を増やしたい。書店は本を買うだけではなく、様々な物語の出会いと喜びのある場所だということを伝えたい。」
本屋大賞を二度受賞した作家・凪良ゆうさんの思いから企画された“花火大会”。
2023年8月19日(土)に六本木 蔦屋書店のウインドウに投影された「プロジェクションマッピング花火」。
上がる花火は、本屋大賞を受賞した小説『汝、星のごとく』の作中に描かれた愛媛県今治市の「おんまく」祭りの花火をモチーフとしたものです。
お知らせ
【YouTube】凪良ゆう『汝、星のごとく』花火大会【#本屋で花火を見上げよう】
「書店に訪れる人を増やしたい。書店は本を買うだけではなく、様々な物語の出会いと喜びのある場所だということを伝えたい。」
本屋大賞を二度受賞した作家・凪良ゆうさんの思いから企画された“花火大会”。
2023年8月19日(土)に六本木 蔦屋書店で行われたイベントのダイジェスト版です。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る