絵本 はたらく細胞 5 身近な病気とケガ かぜとたんこぶのひみつ

絵本
エホンハタラクサイボウ5ミヂカナビョウキトケガカゼトタンコブノヒミツ
作・絵:牧村 久実 原作:清水 茜
  • 電子あり
  • 実写・舞台その他
絵本 はたらく細胞 5 身近な病気とケガ かぜとたんこぶのひみつ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

製品情報

製品名 絵本 はたらく細胞 5 身近な病気とケガ かぜとたんこぶのひみつ
著者名 作・絵:牧村 久実 原作:清水 茜
発売日 2023年06月01日
価格 定価:1,650円(本体1,500円)
ISBN 978-4-06-531750-1
判型 AB
ページ数 32ページ
シリーズ 講談社の創作絵本

著者紹介

作・絵:牧村 久実(マキムラ クミ)

6月13日生まれ。双子座のA型。東京都出身。デビュー以来、多くの漫画、さし絵を手がける。青い鳥文庫、YA! ENTERTAINMENT(いずれも講談社)で人気の「泣いちゃいそうだよ」シリーズや、「作家になりたい!」シリーズのほか、名作『伊豆の踊子・野菊の墓』(川端康成・伊藤左千夫/作 青い鳥文庫)のさし絵も手がけている。

原作:清水 茜(シミズ アカネ)

1994年、東京都生まれ。第27回少年シリウス新人賞にて大賞を受賞。月刊少年シリウスにて『はたらく細胞』を連載。

お知らせ・ニュース

特集・レビュー
理科好きになる力を育てる!「はたらく細胞」のキャラクターたちと人体のしくみが学べるドリル
シリーズ累計700万部を突破する超ベストセラーとなった、体内細胞擬人化漫画『はたらく細胞』。「赤血球」や「好中球」、「血小板」といった細胞たちが案内役になって、人体のしくみが学べるドリルになりました!
特集・レビュー
はじめて見る強敵、新型コロナ!『絵本 はたらく細胞』で楽しみながら学ぶ
累計500万部を突破する超ベストセラー体内細胞擬人化漫画『はたらく細胞』。アニメ2ndシーズン「はたらく細胞」が話題の大人気マンガが、またまた絵本になりました。楽しみながら学べる絵本の第3弾!!
特集・レビュー
『はたらく細胞』が「かるた」に! 遊びながらからだのしくみが学べます。
シリーズ累計630万部突破。体内細胞擬人化ストーリー『はたらく細胞』が“かるた”になって登場。子どもから大人まで、細胞のはたらきやからだのしくみを遊びながら学べる。
特集・レビュー
【先手の免疫学】花粉症、がん、ジカ熱。『はたらく細胞』を学ぼう
私たちの体は、常にさまざまな病原体の脅威にさらされています。しかし、私たちの体が無防備でいるかというとそうではありません。体に備わっている「免疫」というしくみのおかげで、健康を保ったり、進入してきた病原体を撃退することができるのです。
実写・舞台その他
はたらく細胞
清水茜

書店在庫を見る

オンライン書店で見る