これからのヘルスリテラシー 健康を決める力

コレカラノヘルスリテラシーケンコウヲキメルチカラ
  • 電子あり
これからのヘルスリテラシー 健康を決める力
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

おすすめの本

目次

  • 第1章 ヘルスリテラシーとは意思決定する力
  • 第2章 納得がいく意思決定は情報に基づく意思決定
  • 第3章 信頼できる情報としてのエビデンス
  • 第4章 よりよい意思決定のプロセスと落とし穴
  • 第5章 コミュニケーションとインターネットがもたらす変化
  • 第6章 情報の信頼性の確認方法「か・ち・も・な・い」
  • 第7章 ヘルスリテラシーを支えあう市民・患者と医療者のコミュニケーション
  • 第8章 患者・市民中心の意思決定支援
  • 第9章 意思決定ガイドで「胸に『お・ち・た・か』」を学ぶ
  • 第10章 日本人のヘルスリテラシーの低さと意思決定できる幸せ
  • 第11章 へルスリテラシーに配慮した社会づくり:組織、病院、職場
  • 第12章 子どもと高齢者のヘルスリテラシー
  • 第13章 健康をつくる力からみた健康
  • 第14章 誰もが参加できるソーシャルメディアとヘルスリテラシー
  • 第15章 新型コロナウイルスで問われたヘルスリテラシー

製品情報

製品名 これからのヘルスリテラシー 健康を決める力
著者名 著:中山 和弘
発売日 2022年12月08日
価格 定価:2,860円(本体2,600円)
ISBN 978-4-06-530106-7
判型 B5
ページ数 240ページ

著者紹介

著:中山 和弘(ナカヤマ カズヒロ)

聖路加国際大学大学院看護学研究科 看護情報学分野 教授

東京大学医学部保健学科卒業、東京大学大学院医学系研究科博士課程(保健学専攻)修了。日本学術振興会特別研究員(PD)、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所流動研究員、東京都立大学人文学部社会福祉学科助手、愛知県立看護大学助教授などを経て、2004年から現職。
著書に『患者中心の意思決定支援-納得して決めるためのケア』(共編著、中央法規出版、2012年)、『ヘルスリテラシー―健康教育の新しいキーワード』(共著、大修館書店、2016年)、『看護情報学 第3版』(分担執筆、医学書院、2021年)/『看護学のための多変量解析入門』(単著、医学書院、2018年)/『健康への力の探究』(共編著、放送大学教育振興会、2019年)など。
サイト「健康を決める力」https://www.healthliteracy.jp/ 運営

書店在庫を見る

オンライン書店で見る