遺伝子とは何か? 現代生命科学の新たな謎

ブルーバックス
イデンシトハナニカゲンダイセイメイカガクノアラタナナゾ
  • 電子あり
遺伝子とは何か? 現代生命科学の新たな謎
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

2003年にヒトゲノムの解読が完了したが、これで「遺伝子」がわかったのかというとそうではない。DNAにコードされている遺伝子の構成が判明したことで、ヒトゲノムの複雑さがかえって判明してきた。また、DNAに遺伝子はコードされているが、それらは非コード配列やそのコピーである多様なRNAなどによって、たくみに制御されていることがわかってきた。「遺伝子」とは、それらの制御機構を抜きにしては語れないし、「遺伝子」の概念は新たなステージで考える必要があるのではないだろうか?
 本書では、メンデルの実験から、ワトソン、クリックによる二重らせんモデルの発表など、「遺伝子」をめぐる科学史を追いかけながら、「遺伝子」の正体を問い続ける。ゲノムの解読は終わりではなく、「遺伝子とは何か?」という、古くて新しい問いとその答えをめぐる研究の始まりであることを明らかにする野心的な一冊。

製品情報

製品名 遺伝子とは何か? 現代生命科学の新たな謎
著者名 著:中屋敷 均
発売日 2022年04月14日
価格 定価:1,100円(本体1,000円)
ISBN 978-4-06-527766-9
通巻番号 2198
判型 新書
ページ数 272ページ
シリーズ ブルーバックス

著者紹介

著:中屋敷 均(ナカヤシキ ヒトシ)

1964年、福岡県生まれ。1987年京都大学農学部農林生物科卒業。博士(農学)。現在、神戸大学大学院農学研究科教授(細胞機能構造学)。専門分野は、植物や糸状菌を材料にした染色体外因子(ウイルスやトランスポゾン)の研究。主な著書に『生命のからくり』『ウイルスは生きている』『科学と非科学』(いずれも講談社現代新書)がある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る