攘夷の幕末史

講談社学術文庫
ジョウイノバクマツシ
  • 電子あり
攘夷の幕末史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本人は誰もが「攘夷派」だった!
「尊皇攘夷vs.公武合体」という幕末史の定説を覆し、日本人の対外認識の原型を抉り出す、画期の書。

[本書の内容]
序 章 幕末のイメージと攘夷
第一章 東アジア的視点から見た江戸時代
第二章 幕末外交と大国ロシア
第三章 坂本龍馬の対外認識
第四章 攘夷実行と西国問題
第五章 攘夷の実相・朝陽丸事件
終 章 攘夷の転換と東アジアの侵略

目次

  • 序 章 幕末のイメージと攘夷
  • 第一章 東アジア的視点から見た江戸時代
  • 第二章 幕末外交と大国ロシア
  • 第三章 坂本龍馬の対外認識
  • 第四章 攘夷実行と西国問題
  • 第五章 攘夷の実相・朝陽丸事件
  • 終 章 攘夷の転換と東アジアの侵略

製品情報

製品名 攘夷の幕末史
著者名 著:町田 明広
発売日 2022年04月14日
価格 定価:1,012円(本体920円)
ISBN 978-4-06-527750-8
通巻番号 2714
判型 A6
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、2010年に講談社現代新書より刊行されました。文庫化にあたり、加筆修正を施しています。

著者紹介

著:町田 明広(マチダ アキヒロ)

1962年,長野県生まれ。上智大学文学部・慶應義塾大学文学部卒業,佛教大学文学研究科修士課程・同博士後期課程修了。博士(文学)。専攻は日本近現代史(明治維新史・対外認識論)。神田外語大学准教授。著書に『新説 坂本龍馬』,『薩長同盟論』,『グローバル幕末史』,『幕末文久期の国家政略と薩摩藩』,『島津久光=幕末政治の焦点』などがある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る