〈世界史〉の哲学 1 古代篇

講談社文芸文庫
セカイシノテツガク1コダイヘン
  • 電子あり
〈世界史〉の哲学 1 古代篇
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 シリーズの最初の巻「古代篇」では、〈世界史〉の中のミステリー中のミステリー、イエス・ キリストの殺害が、中心的な主題となる。もし、〈世界史〉の中で、われわれの現在に最も大きな影響を残した、たった一つの出来事を選ぶことが求められれば、誰もが、迷うことなく、イエス・キリストの十字架上の死を挙げることになるだろう。
 どうして、イエス・キリストは殺されたのか? どうして、たった一人の男の死が、これほどまでに深く、広い帰結をもたらすことになったのか? われわれの現在を、社会学的な基礎において捉えるならば、それは「近代社会」として規定されることになる。近代化とは、細部を削ぎ落として言ってしまえば、西洋出自の概念や制度がグローバル・スタンダードになった時代である。その「西洋」の文明的なアイデンティティは、キリスト教にこそある。とすれば、キリストの死の残響は、二千年後の現在でも、まったく衰えることなく届いていることになる。キリストの死は、どうして、これほどの衝撃力をもったのだろうか?
 イエス・キリストは、わけのわからない罪状によって処刑された。その死は、今日のわれわれのあり方を深く規定している。必ずしもクリスチャンではないものも含めて、その死の影響の下にある。どうしてこんなことになったのか?……
(「まえがき」より)

目次

  •  まえがき
  •  第1章 普遍性をめぐる問い
  •  第2章 神=人の殺害
  •  第3章 救済としての苦難
  •  第4章 人の子は来たれり
  •  第5章 悪魔としてのキリスト
  •  第6章 ともにいて苦悩する神
  •  第7章 これは悲劇か、喜劇か
  •  第8章 もうひとつの刑死
  •  第9章 民主主義の挫折と哲学の始まり
  •  第10章 観の宗教
  •  第11章 闘いとしての神
  •  第12章 予言からパレーシアへ
  •  第13章 調和の生と獣のごとき生
  •  第14章 ホモ・サケルの二つの形象
  •  文庫版あとがき

製品情報

製品名 〈世界史〉の哲学 1 古代篇
著者名 著:大澤 真幸
発売日 2022年04月11日
価格 定価:2,530円(本体2,300円)
ISBN 978-4-06-527683-9
判型 A6変型
ページ数 416ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は、『〈世界史〉の哲学 古代篇』(2011年9月、小社刊)を底本とし、ルビ等を多少調整しました。また、文庫化にあたり、「〈世界史〉の哲学」シリーズとして通巻番号を付しています。なお、初出は「群像」2009年2月号~2010年4月号(2009年4月号をのぞく)です。

著者紹介

著:大澤 真幸(オオサワ マサチ)

大澤真幸(おおさわ・まさち)
1958年長野県松本市生まれ。
東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。社会学博士。千葉大学文学部助教授、京都大学大学院人間・環境学研究科教授を歴任。
現在、月刊個人思想誌『大澤真幸 THINKING「O」』刊行中、「群像」誌上で評論「〈世界史〉の哲学」を連載中。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る