平安姫君の随筆がかり 二 清少納言と恋多き女房

講談社タイガ
ヘイアンヒメギミノズイヒツガカリ2セイショウナゴントコイオオキニョウボウ
  • 電子あり
平安姫君の随筆がかり 二 清少納言と恋多き女房
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

後宮に咲き乱れる恋の謎、
綴ってみせましょう。

平和なはずの宮中で
過激な女房が止まらない!

主上の寵愛を一身に受けよという親兄弟の重圧で、孤独に耐える后・定子が望んだのは「清少納言が揺さぶられた世界の文章を見せて」。
その願いに応えたいと定子に仕える女房・清少納言は後宮のしきたりを無視して、大好きな姫様を笑顔にできる謎物語集めに大暴れ。
そこへ恋に奔放な女房・和泉式部も合流し、地味な中年貴族に届いた差出人不明の恋文の謎に挑むことに。
ところが和泉式部の暴走で藤原道長が激怒、清少納言に流刑の危機が!?

1、2巻連続刊行。大注目の平安後宮ミステリー!

目次

  • 第一章 上にさぶらう命婦のおとど
  • 第二章 七夕にきらめく星と露
  • 第三章 七月の文の想い人
  • 第四章 墨染めの屏風
  • かりそめの結び

製品情報

製品名 平安姫君の随筆がかり 二 清少納言と恋多き女房
著者名 著:遠藤 遼
発売日 2022年03月15日
価格 定価:814円(本体740円)
ISBN 978-4-06-527248-0
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社タイガ

著者紹介

著:遠藤 遼(エンドウ リョウ)

東京都生まれ。
2017年に『週末陰陽師  とある保険営業のお祓い日報』でデビュー。
著書に『平安あかしあやかし陰陽師』、『平安後宮の薄紅姫』、『平安・陰陽うた恋ひ小町 言霊の陰陽師』、『平安後宮の洋食シェフ』、『王立魔術学院の《魔王》教官』、『晴明の事件帖 消えた帝と京の闇』など多数。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る