平安姫君の随筆がかり 一 清少納言と今めかしき中宮

講談社タイガ
ヘイアンヒメギミノズイヒツガカリ1セイショウナゴントイマメカシキチュウグウ
  • 電子あり
平安姫君の随筆がかり 一 清少納言と今めかしき中宮
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

笑顔をなくした姫さまへ
謎物語を献上します。

「後宮って本当に面倒くさいわ」
毒舌の新人女房が止まらない!

「後宮の人間関係って本当に面倒くさい」と宮仕えに馴染めぬ清少納言。
だが衆人環視の中で突如現れた仏像事件など、宮中はいとをかしな謎があふれる場所だった。
清少納言はそりの合わない紫式部を助手にして持ち前の機知で次々と解決。
その謎解きばなしを孤独に耐える后・中宮定子へお聞かせすることに。
身分の上下をこえてはじまった心と心の交流。
ところが、なぜか権力者・藤原道長が邪魔をしてきて……!?

『平安後宮の薄紅姫』『平安あかしあやかし陰陽師』の
大人気作家が描く爽快で痛快な平安ミステリー新シリーズ登場!

目次

  • 第一章 香炉峰の雪
  • 第二章 お釈迦さま、ふたり
  • 第三章 女たちの賀茂祭
  • 第四章 嘘をついたのは誰
  • 第五章 幻の向こう、彼方の虹
  • かりそめの結び

製品情報

製品名 平安姫君の随筆がかり 一 清少納言と今めかしき中宮
著者名 著:遠藤 遼
発売日 2022年02月15日
価格 定価:814円(本体740円)
ISBN 978-4-06-526745-5
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社タイガ

著者紹介

著:遠藤 遼(エンドウ リョウ)

東京都生まれ。東京学芸大学教育学部卒業。
2017年、『週末陰陽師~とある保険営業のお祓い日報~』でデビュー。
著書に『王立魔術学院の《魔王》教官』、『平安後宮の洋食シェフ』、『平安・陰陽うた恋ひ小町』、『新米パパの双子ごはん』、『平安後宮の薄紅姫』、『平安あかしあやかし陰陽師』など多数。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る