超入門 デジタルセキュリティ

講談社+α新書
チョウニュウモンデジタルセキュリティ
  • 電子あり
超入門 デジタルセキュリティ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

6G時代の国際ビジネスに必須な予備知識がこの一冊で学べます。
米中デジタル戦争下の経済安全保障の戦略とは?

スマホ、顔認証技術、個人情報・・・デジタルデータはどこまで安全なのか? 
何を疑い、何を信用すればいいのか?

(本書の主な内容)
・データは「21世紀の石油」
・個人データはどうやって監視?
・宅配製品に仕掛けが
・中韓の台頭
・経済安保、3つのポイント
・日本の「デジタル敗戦」
・「デジタルミサイル」
・サイバー犯罪対策本部
・利便性とリスクが隣り合わせに
・監視ソフトの威力

「インターネット空間がここ数年、加速度的に公共空間化し、
社会のインフラとなった現状では、こうしたデジタル分野をめぐる
緊張関係が、国際情勢にも暗い影を落としている。
中国の電子機器大手ファーウェイの安全性について、
米中が激しく対立したのはその典型である。
そんな状況の中で、韓国のハイテク大手サムソンが
スマホ市場で漁夫の利を得るなど、デジタルをめぐる国際的な
経済活動で、生き馬の目を抜く競争が続けられている。
そんな情勢の中で、日本はどう戦っていくべきなのか」
              (著者「まえがき」より)

製品情報

製品名 超入門 デジタルセキュリティ
著者名 著:中谷 昇
発売日 2022年01月21日
価格 定価:990円(本体900円)
ISBN 978-4-06-526753-0
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:中谷 昇(ナカタニ ノボル)

1969年、神奈川県生まれ。元インターポール・サイバーセキュリティ総局長。1993年に警察庁入庁。神奈川県警察外事課長、国家公安委員会補佐官、インターポール(国際刑事警察機構)経済ハイテク犯罪課長、同情報システム・技術局長。INTERPOL Global Complex for Innovation(IGCI)初代総局長、警察庁長官官房国際課長等を歴任。2019年から「ヤフー」執行役員。2020年からZホールディングス常務執行役員。Group Chief Trust & Safety Officer。日本IT団体連盟専務理事。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る