警告(下)

講談社文庫
ケイコクゲ
  • 電子あり
警告(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

レイチェルから協力を断られたマカヴォイは、ニュース・サイトの同僚と協力して事件を追う。
被害者と同じ状態で亡くなっている複数の女性を調べた彼は、彼女たちには他にも共通点があることを掴む。それはある会社に自分のDNA分析を依頼しているということだった。
マカヴォイはジャーナリストとして疑惑の会社を直撃するが、その壁は高く、さらに重要な情報に近づこうとするたびに、相手は次々と死んでいく。
そして、凶悪な連続殺人犯の魔の手は、マカヴォイに、またレイチェルにまで伸びてくる――。

「アメリカの犯罪小説の巨匠による新作ミステリーは、クライマックスに向かって突進し、あなたを心から感動させるだろう……優れた作家であるコナリーは、読者が悲鳴を上げそうになるくらい緊張感を高めていく。あらたなマカヴォイ/ウォリング・シリーズの到来を予感させる見事な作品である」
――ピーターボロ・テレグラフ紙(英国) アレックス・ゴードン

製品情報

製品名 警告(下)
著者名 著:マイクル・コナリー 訳:古沢 嘉通
発売日 2021年12月15日
価格 定価:990円(本体900円)
ISBN 978-4-06-526377-8
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:マイクル・コナリー(マイクル・コナリー)

Michael Connelly:1956年生まれ。LAタイムズ元記者。代表作としてはボッシュ・シリーズ、リンカーン弁護士シリーズがあり、当代随一のストーリーテラー。

訳:古沢 嘉通(フルサワ ヨシミチ)

古沢嘉通:1958年生まれ。コナリー作品の大半を翻訳。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る