大人のいじめ

講談社現代新書
オトナノイジメ
  • 電子あり
大人のいじめ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

職場のいじめで
精神障害を発症した件数が、
この11年で10倍に!

膨大な数の「いじめ・嫌がらせ」相談を受けてきた著者が、
実例を紹介しながら、その背景を分析。

長時間労働、重い仕事の負担……、
過度な圧力に晒された職場で、多発!

●9年連続で、「いじめ・嫌がらせ」が労働相談1位
●トヨタ、三菱など大企業で相次ぐ、いじめによる自死
●いじめのある職場は、長時間労働の割合が2倍以上
●約5割の会社が、いじめを放置
●過酷な職場で起きる、ガス抜きとしてのいじめ
●いじめが一番多いのは、「医療・福祉」の職場
●「発達障害者」へのいじめが、5年で5倍に増加
●「生産性」の低い労働者が、「いじめても良い」対象に
●近年の職場いじめは、経営の論理を内面化した同僚らによって、「自発的」に行われる
●会社・上司に相談する前に、「録音」など証拠集めを

職場いじめは、日本社会の構造的問題だ!!

製品情報

製品名 大人のいじめ
著者名 著:坂倉 昇平
発売日 2021年11月17日
価格 定価:990円(本体900円)
ISBN 978-4-06-526094-4
通巻番号 2640
判型 新書
ページ数 264ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:坂倉 昇平(サカクラ ショウヘイ)

一九八三年生まれ、静岡県出身。ハラスメント対策専門家。京都大学大学院文学研究科修士課程修了。二〇〇六年、労働問題に取り組むNPO法人「POSSE」を設立。〇八年、雇用問題総合誌「POSSE」を創刊し、同誌編集長を務める。現在は「POSSE」理事として、年間約5000件の労働相談に関わっている。共著に『18歳からの民主主義』(岩波新書)、『ブラック企業vsモンスター消費者』(ポプラ新書)。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る