タンデム質量分析法 MS/MSの原理と実際

タンデムシツリョウブンセキホウエムエスエムエスノゲンリトジッサイ
著・編:藤井 敏博 著:上田 祥久 著:大柿 真毅 著:髙橋 豊
タンデム質量分析法 MS/MSの原理と実際
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

MS/MSの基礎理論から最先端の応用までていねいに解説。QqQ、TOF/TOF、FT-ICRMSなどの機器もよくわかる

<目次>
第1章 質量分析法とは:原理と機能

1.1 分子の質量を計る
1.2 質量分析法

第2章 タンデム質量分析法(MS/MS)

2.1 開発と進歩
2.2 操作モードおよび種類とその分類
2.3 イオンの解離法とその機構

第3章 装置の実際

3.1 トリプル四重極質量分析計(QqQ-MS)
3.2 タンデム飛行時間型質量分析計(TOF-TOF)
3.3 四重極飛行時間型質量分析計(QTOF-MS)
3.4 四重極イオントラップ(QIT)
3.5 リニアイオントラップ(LIT)
3.6 オービトラップ(Orbitrap)
3.7 フーリエ変換イオンサイクロトロン共鳴質量分析(FT-ICRMS)
3.8 分離手段と組み合わせたMS/MS

第4章 MS/MSで何ができるか

4.1 ノンターゲット法
4.2 医療診断、臨床検査
4.3 プロテオミクス、メタボロミクス
4.4 危険ドラッグ、ドーピング検査
4.5 有害化学物質の測定
4.6 食の安全
4.7 キャラクタリゼーション

第5章 今後の展望

5.1 二次イオン質量分析法(SIMS)へのMS/MS 適用の有効性
5.2 イメージング質量分析
5.3 COVID-19ウイルスとMS/MS
5.4 情報科学を利用したMS/MS解析

目次

第1章 質量分析法とは:原理と機能

1.1 分子の質量を計る
1.2 質量分析法

第2章 タンデム質量分析法(MS/MS)

2.1 開発と進歩
2.2 操作モードおよび種類とその分類
2.3 イオンの解離法とその機構

第3章 装置の実際

3.1 トリプル四重極質量分析計(QqQ-MS)
3.2 タンデム飛行時間型質量分析計(TOF-TOF)
3.3 四重極飛行時間型質量分析計(QTOF-MS)
3.4 四重極イオントラップ(QIT)
3.5 リニアイオントラップ(LIT)
3.6 オービトラップ(Orbitrap)
3.7 フーリエ変換イオンサイクロトロン共鳴質量分析(FT-ICRMS)
3.8 分離手段と組み合わせたMS/MS

第4章 MS/MSで何ができるか

4.1 ノンターゲット法
4.2 医療診断、臨床検査
4.3 プロテオミクス、メタボロミクス
4.4 危険ドラッグ、ドーピング検査
4.5 有害化学物質の測定
4.6 食の安全
4.7 キャラクタリゼーション

第5章 今後の展望

5.1 二次イオン質量分析法(SIMS)へのMS/MS 適用の有効性
5.2 イメージング質量分析
5.3 COVID-19ウイルスとMS/MS
5.4 情報科学を利用したMS/MS解析

製品情報

製品名 タンデム質量分析法 MS/MSの原理と実際
著者名 著・編:藤井 敏博 著:上田 祥久 著:大柿 真毅 著:髙橋 豊
発売日 2021年10月25日
価格 定価:4,400円(本体4,000円)
ISBN 978-4-06-525682-4
判型 A5
ページ数 192ページ

著者紹介

著・編:藤井 敏博(フジイ トシヒロ)

明星大学元教授

著:上田 祥久(ウエダ ヨシヒサ)

日本電子株式会社

著:大柿 真毅(オオガキ マサタカ)

株式会社日立ハイテクサイエンス

著:髙橋 豊(タカハシ ユタカ)

エムエス・ソリューションズ株式会社

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス