やさしくない国ニッポンの政治経済学 日本人は困っている人を助けないのか

講談社選書メチエ
ヤサシクナイクニニッポンノセイジケイザイガクニホンジンハコマッテイルヒトヲタスケナイノカ
  • 電子あり
やさしくない国ニッポンの政治経済学 日本人は困っている人を助けないのか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

-「政府は貧しい人々の面倒を見るべきか?」
これは、世界47ヵ国を対象にして、アメリカのピュー・リサーチ・センター(Pew Research Center)が2007年に行った調査に含まれる質問の一つです。この質問に「面倒を見るべき」と答えた人の割合が最も高かったのはスペインで、実に96%にのぼりました。では、その割合が最も低い59%だったのは、どの国でしょう?――それが、日本にほかなりません。つまり、約4割の日本人は、貧しい人や困っている人を自分で助けないばかりか、公の力で助けることにも同意していないのです。では、次の質問はどうでしょう?

-「社会の多くの人は信頼できるか?」
これは、2019年に行われた第7回「世界価値観調査(World Values Survey)」にある質問です。この質問に「信頼できる」と答えた人の割合は、オランダでは58.5%、ドイツでは41.6%だったのに対して、日本では33.7%。しかも、「信頼できるか」どうかの対象を「他国の人」に変えると、オランダの15.4%に対して、日本は実に0.2%、という驚くべき結果になります。つまり、日本人は日本人同士でも信頼していないし、他国の人はほとんど信頼していない、ということです。

本書は、こうしたさまざまな調査の結果を紹介しながら、「おもてなしの国」と言われ、自分たちでもそう思っている日本人が、本当は「やさしくない」ことを明らかにします。この「やさしくない国」をもたらした歴史的・社会的な要因を探ったあと、このまま進んでいった先にはどのような国が待っているのか、その姿が浮かび上がってくるでしょう。すぐに「自己責任」や「自助」が叫ばれる現状を変えるには、どうすればよいのでしょうか。長年ヨーロッパで教育・調査に携わってきた気鋭の著者がクリアに描く日本の姿と、明るい日本を実現するための方策――本書には、確かにこの国の「今」と「未来」があります。

[本書の内容]
序 章 人にやさしくない、貧しい国ニッポン
第1章 他人を信頼しない日本人
第2章 そもそも、なぜ人は他人を助けるのか
第3章 日本人の社会参加
第4章 利己主義の社会的帰結
第5章 日本はベーシック・インカムを導入すべきか

目次

  • 序 章 人にやさしくない、貧しい国ニッポン
  • 第1章 他人を信頼しない日本人
  • 第2章 そもそも、なぜ人は他人を助けるのか
  • 第3章 日本人の社会参加
  • 第4章 利己主義の社会的帰結
  • 第5章 日本はベーシック・インカムを導入すべきか

製品情報

製品名 やさしくない国ニッポンの政治経済学 日本人は困っている人を助けないのか
著者名 著:田中 世紀
発売日 2021年10月14日
価格 定価:1,100円(本体1,000円)
ISBN 978-4-06-525809-5
通巻番号 755
判型 四六
ページ数 120ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

著:田中 世紀(タナカ セイキ)

1982年、島根県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。現在、オランダ王国フローニンゲン大学助教授。専門は、政治学・国際関係論。
主な論文に、"What Explains Low Female Political Representation? Evidence from Survey Experiments in Japan"(共著、Politics & Gender)、"Work Disincentive Perception and Welfare State Attitudes"(共著、Governance)など。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る