呪イアツメ(1) 死人のコレクション

青い鳥文庫
ノロイアツメ1シニンノコレクション
  • 電子あり
呪イアツメ(1) 死人のコレクション
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

本格ホラーが、青い鳥文庫に登場!

わたしは、御神楽千舞、小学5年生。2週間前に悪夢を見てから、足が動かなくなっちゃったの。
病院を出たところで出会ったのは、おさななじみで2歳年上のリュウくんだった。
「その人形が、ちぃのことを呪っている。」
――リュウくんが告げたその瞬間、わたしは、リュウくんといっしょに、真っ暗な空間に落ちていった。
そのリリー人形は、魂の力で動けるようになった呪物……魂絡繰(タマカラクリ)だという。
リリー人形が魂絡繰になったのには悲しい理由があった。
でも、そのままにはしておけない……。
いっしょに戦ってくれるのは、狼の魂絡繰・十狼太さん。
リュウくんは、リリー人形の呪いを祓ってくれるの!?

<小学上級・中学から すべての漢字にふりがなつき>

製品情報

製品名 呪イアツメ(1) 死人のコレクション
著者名 作:虎走 かける 絵:日向 あずり
発売日 2021年08月04日
価格 定価:715円(本体650円)
ISBN 978-4-06-524437-1
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社青い鳥文庫

著者紹介

作:虎走 かける(コバシリ カケル)

作家。東京都生まれ。『ゼロから始める魔法の書』で、第20回電撃小説大賞を受賞し、デビュー。同書は全11巻のシリーズとなり、漫画化、アニメ化された。
ほかの主な作品に「魔法使い黎明期」シリーズ(講談社ラノベ文庫)がある。ゲームのシナリオも手がけている。

絵:日向 あずり(ヒュウガ アズリ)

イラストレーター。千葉県出身。ライトノベルの挿絵を中心に活躍中! 参考書『面白いほどわかる』シリーズ(KADOKAWA)のカバー絵も手がける。「You tube」で猫やラッコなど動物系の動画を見るのが好き。 青い鳥文庫には初登場!

おすすめの本

書店在庫を見る

オンライン書店で見る