闇の盾 政界・警察・芸能界の守り神と呼ばれた男

ヤミノタテセイカイケイサツゲイノウカイノマモリガミトヨバレタオトコ
  • 電子あり
闇の盾 政界・警察・芸能界の守り神と呼ばれた男
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「決断力、人脈、胆力のいずれの面でも、傑出した人物。それが寺尾さんです」(元総理大臣・細川護熙)
「これほど胆力のある人はほかにいない。こんなに顔の広い人には、会ったことがない」(野球解説者・江本孟紀)

年会費は2000万円、日本最強・最高の危機管理会社・日本リスクコントロール。
著名政治家、一流企業経営者、「芸能界のドン」と呼ばれる大物、さらには暴力団組長までが頼りにする「駆け込み寺」だ。
依頼は紹介者からの紹介があったときのみ、電話番号も公開せず、ホームページすらないが、依頼が途絶えることはない。
「あなたが本当に無実だったら助けてあげる。ただ、私の調べは捜査一課よりもきついかもしれないよ」
日本リスクコントロール代表の寺尾文孝社長は、警視庁機動隊員を経て秦野章元警視総監の秘書となり、警察・検察に圧倒的な人脈を築いた。
バブル期には、元暴力団組長に乗っ取られかけた大証一部上場企業・日本ドリーム観光の副社長として闇勢力の排除に尽力し、ダイエー・中内功社長に会社を売却した。
許永中、伊藤寿永光、高橋治則、後藤忠政、中江滋樹らと対峙し、自らも不動産会社を設立して大規模なリゾート開発も手掛けたが、バブル崩壊で頓挫。
その後は危機管理専業となり、数多くの依頼を処理してきた。
徹底した事前調査と情報収集によって「突破口」を見出し、政界・官界の中枢に張り巡らせた人脈をつなげることで、ひとつ一つ案件を処理していく。
その評判を聞きつけ、また新たな依頼主が現れる――。
波乱万丈、息をもつかせぬ圧巻の手記。

目次

  • プロローグ
  • 第一章 渋谷ライフル銃事件
  • 放し飼い/番長の掟/昭和三五年、警視庁入庁/警察学校「二等兵物語」
  • 海の最前線/沖仲仕と「黄色い血」事件/キャバレー美人座
  • 首都高速でフルスロットル/「貴族の一機」/デモ隊、立川基地に乱入
  • 銃砲店に立てこもった男/犯人を撃ってもいいのか/賞詞二級と警視総監
  • 第二章 秦野章と田中角栄
  • 三億円事件の「被疑者」/型破りの巡査/銀座デビューと「B反屋」
  • 立志伝中の警察官僚/秦野章の私設秘書として/叱責、叱責、また叱責
  • 田中派大集会/ミスター検察への怒り/「角栄は日本の宝です!」
  • 三田のビルと平和相銀融資
  • 第三章 トラブル・シューター
  • 壱番サロンに集う面々/君は心の妻だから/寺尾に頼めば、なんとかしてくれる
  • 陸奥嵐と江本孟紀/巨大宗教団体御曹司の醜聞/「芸能界のドン」を助ける
  • 「警察マニア」の映画評論家/山口組五代目にもらった返礼
  • 第四章 警察官僚の落とし穴
  • 三田署の問題警察官/警察官僚とカネ/稀代の官僚・佐々淳行
  • 警察トップの権力の源泉/依願退職した警察官が起こした大事件
  • 封印された「ニセ医者事件」
  • 第五章 ドリーム観光攻防戦
  • 上場企業に食い込んだ元暴力団組長/表舞台に這い出た経済ヤクザ
  • 「君がやるしかないだろう」/三人のヤメ検弁護士を顧問に
  • 交際費五〇〇万円と「学歴詐称」/元組長と元機動隊員の二人三脚
  • 「マムシ」と言われた男/ミサワホーム創業者が貸した二〇〇億円
  • 小林旭との「惜別ゴルフ」/尾上縫がベタ惚れした男/ブラックマンデーと池田の転落
  • 小野島社長解任騒動/ダイエー・中内社長の告白/株暴落の果ての失踪
  • 第六章 バブル紳士たちの宴
  • 伊藤寿永光と許永中/壮大な自転車操業/クラブ「グレ」で遭遇した許と伊藤
  • イトマン新社屋と蕎麦店立ち退き/「闇社会の守護神」と言われた弁護士
  • 亀井静香を直撃した読売スクープ/パラオで高橋治則と遭遇した
  • F1誘致に賭けたバブル紳士
  • 第七章 裸一貫の再出発
  • 日本有数の白砂ビーチ/「平山郁夫美術館」を構想
  • 東大寺裏にリゾートホテルを計画/JRの妖怪・松﨑明/破産寸前の危機
  • ついに不渡り
  • 第八章 日本リスクコントロール
  • 警察OBの人材派遣業というアイデア/新会社設立/年会費二〇〇〇万円/奇妙な一面記事
  • 兜町の風雲児・中江滋樹とその弟子/後藤組組長に追われ/腰の低い男・ハマコー
  • 第九章 墓場まで持っていく秘密
  • リキッド・オーディオの上場/ヤクザのカネしかないんです/バーニング銃撃事件
  • パチスロ業界と監督官庁/美術刀剣協会の大ピンチ/カネに汚い男
  • 「助けてください」羽賀研二の懇願/あの「治作」の顧問となる
  • 日本を代表する名家の悲劇/長野の産廃会社に押しかけた街宣車
  • 第一〇章 見えない権力
  • 「赤レンガ」の検事たち/安倍政権は検察を甘く見た/保険金五〇億円の怪事件
  • 日本は独立国なのか

製品情報

製品名 闇の盾 政界・警察・芸能界の守り神と呼ばれた男
著者名 著:寺尾 文孝
発売日 2021年06月02日
価格 定価:1,980円(本体1,800円)
ISBN 978-4-06-523878-3
判型 四六
ページ数 354ページ

著者紹介

著:寺尾 文孝(テラオ フミタカ)

1941年、長野県佐久市出身。岩村田高校卒業後、1960年警視庁入庁。東京水上署、第一機動隊勤務を経て、1966年に退職。
その後元警視総監の秦野章参議院議員の私設秘書となる。
1976年に株式会社エーデル・パレスを設立、伊豆狼煙崎などの開発に取り組むが、バブル崩壊で頓挫する。
1999年、元警察庁中国管区警察局長の保良光彦氏とともに、危機管理会社・日本リスクコントロールを設立。
仕事の依頼はすべて口コミで、宣伝は一切せず、電話番号は非公開、ホームページさえ作ったことがないが、政治家、企業経営者、宗教団体、著名人など、あらゆるところから持ち込まれる相談ごとやトラブルに対処し、解決する知る人ぞ知る最強の「仕事人」。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る