黄昏の囁き 〈新装改訂版〉

講談社文庫
タソガレノササヤキシンソウカイテイバン
  • 電子あり
黄昏の囁き 〈新装改訂版〉
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

あのとき、僕は何を見てしまったのか?

兄の急死に不審を抱いた医学生・翔二は、元予備校講師・占部の協力を得て事件の真相を追う。
「ね、遊んでよ」……謎の言葉とともに残忍な犯行を重ねる殺人者の正体は? 
翔二の心に封印されてきた幼い日の記憶の、恐るべき真実とは? 
「館」シリーズと並ぶ人気シリーズの第三弾、新装改訂版でここに。

製品情報

製品名 黄昏の囁き 〈新装改訂版〉
著者名 著:綾辻 行人
発売日 2021年08月12日
価格 定価:902円(本体820円)
ISBN 978-4-06-523685-7
判型 A6
ページ数 416ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 初刊、1993年1月祥伝社ノン・ノベル。本書は2001年5月に刊行された講談社文庫版を全面改訂した新装改訂版です。

著者紹介

著:綾辻 行人(アヤツジ ユキト)

綾辻 行人(あやつじ・ゆきと)
1960年京都府生まれ。京都大学教育学部卒業。同大学院修了。’87年9月『十角館の殺人』で作家デビュー。「新本格ムーヴメント」の嚆矢となる。「館」シリーズで本格ミステリシーンを牽引する一方、ホラー小説にも意欲的に取り組む。’92年『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞を受賞。2018年度第22回日本ミステリー文学大賞を受賞。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る