生命知能と人工知能 AI時代の脳の使い方・育て方

セイメイチノウトジンコウチノウエーアイジダイノノウノツカイカタソダテカタ
  • 電子あり
生命知能と人工知能 AI時代の脳の使い方・育て方
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

これからのAIの時代、私たちの脳(生命知能)とAIの違いを知れば恐れることはない。私たちが豊かで幸せな生活を送るためのヒント満載の「希望の書」。
池谷裕二氏も瞠目。これからの学びの核心がここにある!
「ただの流行に乗った人工知能の本と思うなかれ。知能の本質、脳の本質を鋭く抉る異次元の一冊だ。
『自分』の動作原理に興味のある人は手にとってほしい。生き方のヒントさえ見つかるだろう」
これからますますAIがわれわれの日常生活に実装される時代、私たち人間がこれからも豊かに幸せに生きるためにはどうすれば良いのか?
そのためにまず必要なのは、私たちの脳とAI、それぞれの特質をよく知ること、
そして、私たちの脳の特質を生かした知能=生命知能を成長させることだ。

最新の知見をもとに、生命知能と人工知能の違い、生命知能を支える意識の働きを解説、
生命知能を成長させる脳の使い方、育て方のヒントを提示する。

 【本書の内容】
 序 章 人工知能化が進む日本社会
第1部 私たちの脳と計算機
 第1章 脳という巨大な情報システム
 第2章 「進化」から見る脳
 第3章 脳は勝手に動く
 
第2部 知能とは何か 
 第4章 生命知能を創る
 第5章 知能はどう育つか
    
第3部 知能を支える意識
 第6章 意識とは何か
 第7章 人工知能は芸術作品を創れるか
 第8章 意識が科学と宗教を生んだ
    
 終 章 強い生命知能と豊かな意識を育てるために

製品情報

製品名 生命知能と人工知能 AI時代の脳の使い方・育て方
著者名 著:高橋 宏知
発売日 2022年01月14日
価格 定価:1,980円(本体1,800円)
ISBN 978-4-06-527051-6
判型 四六
ページ数 322ページ

著者紹介

著:高橋 宏知(タカハシ ヒロカズ)

1975年生まれ。東京大学大学院情報理工学系研究科(知能機械情報学)准教授。
東京大学大学院工学系研究科産業機械工学専攻博士課程を修了。工学博士。東京大学大学院工学系研究科産業機械工学専攻助手、科学技術振興機構さきがけ研究者(「脳情報の解読と制御」領域)、東京大学先端科学技術研究センター講師・准教授などを経て現職。福祉工学、感覚代行デバイスの開発、聴覚生理学など、医学・工学の境界領域の研究に従事。生体医工学会、電気学会、北米神経科学会等会員。著書に『メカ屋のための脳科学入門―脳をリバースエンジニアリングする』『続 メカ屋のための脳科学入門―記憶・学習/意識編』(ともに日刊工業新聞社)。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る